お出かけ

【道の駅 雨晴:高岡市】展望デッキの景色が抜群!カフェは微妙?夏は海水浴も!?

 

今回ご紹介するのは高岡市にある「道の駅 雨晴」です。

ここでは、雨晴海岸の絶景を眺めながら、ランチ・スイーツ・ドリンクを楽しむことができます。

また、ドライブはもちろん、サイクリングの休憩にも便利なスポットです。


👆24時間使用できるサイクルステーション(空気入れ、工具の貸し出しは9:00~19:00)

 

編集部やまもと君
編集部やまもと君
夏場は目の前の海岸で海水浴をする家族連れ客もいます🏊

※”正式な海水浴場”なのかどうかは不明です。

 

☑すぐに見たい項目があれば下のContentsからお選びください

 

道の駅 雨晴がある場所・営業時間・詳細情報

住所:〒933-0135富山県高岡市太田24番地74
電話:0766-53-5661
営業時間:9:00~19:00(展望デッキ、トイレは24時間)
休業日:年中無休
アクセス ■JR氷見線「雨晴駅」下車徒歩5分
■能越自動車道高岡北ICから車で約15分
駐車場 39台(大型車4台、小型車34台、身体の不自由な方用1台)
公式HP: http://michinoeki-amaharashi.jp/
SNS:Instagram Twitter Facebook
その他:サイクルステーション及びメンテナンススペース完備

 

道の駅 雨晴の駐車場

「道の駅」と言うわりには駐車場が少なく、さらに3か所に分割されています。

夏休みなど、特に混雑するシーズンには上の3つ以外にも「臨時駐車場」が仮設されていることもあります。

編集部やまもと君
編集部やまもと君
満車の場合でも、暫く待っていたら空きました♪
ロッキー編集長
ロッキー編集長
もう少し駐車スペースが多いと助かるね

 



道の駅 雨晴の店内、雰囲気

ガラス張りの建物、広いオープンデッキで非常に開放感あふれる外観になっています。

ただし、中に入ると細長い造りで思ったより開放的ではありません(←正直な感想。オープンデッキは開放的ですよ!)

 


画像出典:道の駅雨晴

1Fは主にトイレとインフォメーション、2Fがカフェと売店、展望デッキ、3Fは多目的ルームと展望デッキになっています。

 

道の駅 雨晴の1階

道の駅 雨晴の建物はデザインに凝っていて、トイレのピクトグラムもオシャレです。

オシャレ過ぎてわかりずらいのか、結局「トイレはこちらです」と紙に書いてありました。

編集部やまもと君
編集部やまもと君
僕がトイレを済ませていたら、女性が間違えて入ってきました💦

オシャレ過ぎて男女がわからない人もいるようです。

 


1階の屋外にある洗い場です。

目の前の海岸で遊んだちびっ子達が、足などを洗っていました。

本来の用途は不明です。

 

階段とエレベーターがあるので車椅子、ベビーカーも問題ありません。

 



道の駅 雨晴の2階

2階のメインは「Cafe ISOMI TERRACE」です。

オーシャンビューでリラックスできます♪

上の画像の奥にはテーブル席もたくさんありました。

→メニューはこちらです

 

2階には展望デッキがあります。

 

マーケットスペースで色んな催し物が行われるそうです。

この日はまだやってませんでした。

 

伝統工芸高岡銅器の「りん鐘」です。

好きな人と一緒に鳴らせば”結ばれる”という噂が生まれるヤツですね。

編集部やまもと君
編集部やまもと君
2回鳴らしたら恋人になる、3回鳴らすと失恋するという言い伝えにしておきましょう。
ロッキー編集長
ロッキー編集長
勝手に作るな🐾

 

カフェの隣は売店です。

ちなみに「Souvenir Shop ARISO」というオシャレな名前。

 


高岡のクラフト作家作品、水産加工品、地酒・地元銘菓・雑貨など取り揃えてあります。

 

色々なお土産が買えますが、、、

 

一番気になったのがコレ👆

雨晴のオリジナルマスキングテープです。

マステが好きな人は是非!

 



道の駅 雨晴の3階

3階には多目的ホールがあります。

 

この日は「輪っか」でした。

ロッキー編集長
ロッキー編集長
ん?どういうこと?
編集部やまもと君
編集部やまもと君
女子ばっかりだったのであまりよく見てません💦

 

3階の展望デッキは非常に眺めが良いです。

編集部やまもと君
編集部やまもと君
いい雰囲気のアベックがいますよ。

いっちょ、からかってやりますか!

ロッキー編集長
ロッキー編集長
やめて

 

電車(氷見線)を撮影するのに持って来いの場所ですね📷✨

 

3Fの展望デッキは屋根があるので暑い日でも多少快適です。

この日も36℃くらいありましたが、デッキには心地よい風が吹いていました。

※とは言っても長時間はキツイです

 



Cafe ISOMI TERRACEのメニュー

※メニューと価格はこの記事をアップした時点のものです

 

価格設定は、、、若干高めですね。

試しに何か食べてみましょう。

 

雨晴サンデーを食べてみました

という訳で👇

編集部やまもと君
編集部やまもと君
雨晴サンデー(マンゴー)にしました。
ロッキー編集長
ロッキー編集長
普通過ぎる…
編集部やまもと君
編集部やまもと君
雨晴なのに「ブルーハワイ」っていうのも何か違う気がしますし、消去法でマンゴーにしました。

 

ちなみに雨晴サンデーは、ソフトクリームにマンゴーが乗っている何の変哲もないものです。

そして小さいです。

編集部やまもと君
編集部やまもと君
目の前のキレイな景色がなければ「これで500円?冗談でしょ?」という感じでした。
ロッキー編集長
ロッキー編集長
正直、ちょっとガッカリだったね

他のメニューは食べたことがないのでわかりませんが、観光地価格のような気がします。

 



まとめ:景色が素晴らしい道の駅

雨晴海岸から氷見市の松田江の長浜までは「白砂青松百選」・「日本の渚百選」に選ばれいて、四季折々で色んな表情を楽しむことができます。

 

道の駅 雨晴はそんな絶景を眺めながらゆっくり過ごせるスポットでした。

 

お天気の良い日に是非一度足を運んでみてくださいね~

 

道の駅 雨晴
住所:〒933-0135富山県高岡市太田24番地74
電話:0766-53-5661
営業時間:9:00~19:00(展望デッキ、トイレは24時間)
休業日:年中無休

 

こちらも合わせてご覧ください👇

→【道の駅 細入:富山市】充実のフードコートと子供が喜ぶ遊具がいっぱい

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。