コラム

深読みしすぎる人の特徴と対処法「先回りして考えたり行動するから疲れる」

 

ここでは「人の言ったことや行動を深読みしすぎる人」について紹介しています。

 

人の言ったことや行動を深読みできるのは優れた能力です。

 

このような能力を持っているのは「すごく空気が読める人」です。

 

例えば、深読みや先回りで行動できる人が職場にいると、仕事がスムーズに回ります。

 

そして相手の気持ちを考えてあげることができる優しい人でもあります。

 

相手の気持ちを想像して、くみ取ることができるのは素晴らしいことです。

 

しかし、それが行き過ぎると問題が出てきます。

「深読みしすぎ」「先回りしすぎ」だと、自分自身がヘトヘトに疲れてしまいます。

 

・深読みし過ぎて勝手に嫌な気持ちになったりネガティブになる

・相手のことを思ってやってあげているのに感謝されないのがツライ

・他人のことが何も信じられない

という状態に陥ることもあります。

 

せっかく優れた能力を持っていても、それが原因でストレスがたまるのはよくありません。

 

実際に深読みしすぎるのが原因で不調をきたすことも少なくないんです。

 

あなたのメンタルがやられる前に対処法を身につけましょう♪

 

そこで今回は深読みしすぎる人の特徴と、深読みや先回り思考がストレスにならないための対処法を紹介していきます。

 

すぐに見たい項目があれば下のContentsから選んでください。

 

深読みしすぎる人の特徴

深読みとは、相手の言動の意味を、意図しないところまで深く読み取ろうとすることです。

 

誰でも相手が意味ありげな言葉を言ったら「どういう意味?」と考えますよね。

しかし、深読みしすぎる人は相手が何気なく言ったことにもいちいち反応してしまいます。

 

これは深読みすることが習慣化しているためで、以下の特徴が影響しています。

深読みしすぎる人の特徴

・観察力がするどい

・頭の回転が速い

・優しい

・物事をマイナスに考える癖がある

 

観察力がするどい

深読みしすぎる人は観察力、洞察力が高いです。

相手の声のトーン、視線の動き、距離感など、細かいところまでよく観察しています。

 

観察力や洞察力はトレーニングで高めることもできます。

 

しかし、小さい頃から親や周りの大人の顔色を伺いながら成長した人は自然とこの能力がついている場合があります。

 

頭の回転が速い

深読みできる人は頭の回転が速いです。

 

この人の表情の場合は「〇〇」「〇〇」「○○」が考えられる、

こんな話し方をする時は「〇〇」「〇〇」「○○」が考えられる、

という具合に、今までの経験と照らし合わせて瞬時に判断できます。

 

例えば相手が1つ質問すると、潜在的に聞きたかったことまで2つも3つも答えを返す感じです。

 

仕事の場面などではとても役に立ちますが、場合によっては思ってもいなかった返答が返ってくるので、相手が戸惑ってしまうことがあります。

 

優しい

深読みして、先回りして何かをしてあげる人はとても優しい人です。

 

言動や行動から「これをやって欲しいんだろうな~」と、

相手が求めていることを察して、

さらに先回りしてやってあげることができるのです。

 

世の中のほとんどの人は察したとしても行動できません。

行動に移せるのは「優しい」「情に厚い」「面倒見がいい」証拠です。

 

しかし相手によってはそれがうっとうしかったり、「おせっかいな人」「気を遣われてかえって疲れる」と思われることもあります。

 

そして深読みして行動する人の中には、

「こちらは相手のことを考えて色々してあげているのに、私には何もしてもらえない」

「感謝されない」

と悩んでしまう人もいます。

 



物事をマイナスに考える癖がある

深読みしすぎる人で多いのがネガティブ思考の傾向が強いことです。

 

物事を勝手に悪い方向に考えて、強く思い込んでしまいます。

悪い結果を想像して、そのことばかりが頭の中をグルグルまわります。

 

仕事、恋愛、友達など場面に関係なく深読みしすぎてストレスになったり、辛くなったりします。

 

過敏になりすぎると、些細なことでも

「もしかして私嫌われてる?」

「良かれと思ってやったのにおせっかいだった?」

と思ったり、

 

自分以外の人の何気ない会話から、

「私のことを嫌って仲間外れにしようとしている」

と勝手に深読みして、相手に敵意や被害感情を持ってしまう場合まであります。

※あまりに酷くなると「被害妄想」のような状態になります。

 

 

深読みして先回りで行動できる人は観察力が高く、想像力も豊かで、頭の回転が速く、とても優しい人です。

 

ただし、必要以上の深読みは自分自身を苦しめます。

場面によってはとても役に立つ能力ですが、深読みが習慣化しているとあらゆることに対して「これはどういう意味?」と考えてしまいます。

 

小さなことでもいちいち気になり、普段の何気ない会話まで

「何か意味があるんじゃないのか?」

と勘ぐってしまうようになります。

 

これではストレスが大きく、心身ともに疲れ果ててしまいます。

 

深読みしすぎることで不調を抱える人も少なくありません!

あなたのメンタルがやられる前に次の対処法を実践してください♪

 



深読みしすぎて疲れないための対処法

繰り返しますが「深読みできる」能力は悪いことではありません。

セールスなどの仕事では非常に大きな武器になります。

 

でもそれであなた自身がストレスを感じたり疲れるのが良くないんです。

 

これから紹介する対処法を実践して、場面場面で使い分けることができると理想的です。

深読みで疲れないための方法

・相手の言葉はそのまま受け取る

・どうでもいいことはスルーする

・会話のやりとりを思い出さない

・想像するならプラス思考にする

 

相手の言葉はそのまま受け取る

本来、

「言いたいことははっきり伝える」

「言葉に出さないと伝わらない」

というのがコミュニケーションです。

 

ですので相手の言葉はそのまま受け取ってください。

相手の言葉以上の解釈は不要です。

 

相手もそのつもりで話をしています。

何かやって欲しいことがあれば口に出します。

 

口に出さないのは何か理由があるからなんです。

それをあなたがくみ取ってあげる必要なんてないのです。

 

まずは相手の言葉をそのまま受け取るトレーニングをしましょう。

 

言われたことだけをやる、聞かれたことだけに答える。

仕事上では少し怠慢な感じもしますが、本来は最低限のことをしていれば十分です。

 

元々あなたは思いやりがあって、気が利く性格だと思います。

ですので鈍感になるくらいでちょうどいいです。

 

あなたにとっての鈍感、無責任は他の人からしたら「普通」です。

今までが気を遣い過ぎていたのです。

 

とにかく、相手の言葉はそのまま受け取る、それ以上の解釈はしない、言われたこと以上のことを先回りしてやってあげない。

これを徹底して習慣付けましょう。

 

相手の言葉を素直に受け取ることができれば、悪い想像やネガティブな解釈をすることも少なくなります。

 



どうでもいいことはスルーする

深読みで疲れるのは、些細なことにも引っかかるためです。

感受性が高く、色んなことに気が付くあなたはどんな小さなことも気になってしまうんです。

 

全てのことにいちいち反応していたら気疲れしますし、時間も勿体ないですよね。

 

でも相手はそこまで考えて話をしているわけではありません。

殆どの場合、何の考えもない”どうでもいい”発言です。

 

そんな意味のない言葉にいちいち振り回されるのは時間と労力の無駄です。

 

何かを匂わせるような言い方、意味ありげな言い方をしてきてもスルーです。

何度も言いますがはっきり言わない側に責任があります。

 



会話のやりとりを思い返さない

「あの時言ってたことは何だったんだろう…」

と、後になって思い返していませんか?

 

人間は何度も思い出すことで記憶が強化されてしまいます。

 

その時の会話はその時で終わり。

思い返さないことを意識すればすぐに忘れることができます。

 

忘れてしまえば、深読みしたり深く考えなくて済みますよね。

 

想像するならプラス思考にする

他人の頭の中や考えを知ることなんて絶対できません。

これからの将来、何が起こるかなんて誰にもわかりません。

なのに人間は何でも悪い方向に考えてしまうクセがあります。

 

でも自分の中でどんな想像をしようとも結果は変わりません。

 

彼からの「日曜日急に仕事になった。デートはキャンセルで」

というLINEを見て、

と、まったく真逆の反応がありますよね。

 

・文面通りに受け取ってプラスに考える

・深読みで浮気を疑いモヤモヤする

 

どうやって過ごそうが、結果的に浮気している人はしていますし、してない人はしていません。

 

それならポジティブな想像をして楽しく過ごしたほうが良くないですか?

 

「明日はもっと良くなる」「未来は明るい」「必ず良い人に巡り合える」

心が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変わると運命が変わるものです。

 

それなら、いつもポジティブに考えているほうが良くないですか?

 



深読みできる人が活躍できる職業

深読みや先回り思考ができる人は洞察力がするどく、頭の回転が速いです。

会話をしながら相手が何を望んでいるのか瞬時に判断できる能力は、営業・セールス、マーケティングなどで非常に大きな武器になります。

 

また、親身になって相手の気持ちを考えてあげる事が出来るので、医療や福祉の分野でも活躍できます。

 

物事を深堀したり、徹底的に追及できる性格はエンジニア、トレーダー、研究職にも向いています。

 

もしも現在の職場で自分の能力を生かし切れていないと感じているなら非常に勿体ないです。

せっかく他人にはない優れた力を持っているのですから、職種を変えてキャリアアップするべきです!

 

今まで転職したことがない人でも、ハローワークや転職サイトで就職相談をすれば自分の特性にピッタリ合った職場が見つかることもあります。

どちらも無料で利用できますし、今の仕事を続けながら条件の良い職場を見つけることができるのでデメリットはありません。

 

あなたの能力が正しく評価される職場で働けば、生活レベルが上がるのは勿論のこと、やりがりや生きがいなどの人生の質も向上します。

※もちろん、「他人に雇われるのは向いてないな~」と思うなら、起業するのも全然アリですよ♪

 



まとめ:バランスが大切

今回は深読みしすぎる人の特徴と、深読みや先回り思考がストレスにならないための対処法を紹介しました。

深読みしすぎる人の特徴

・観察力がするどい

・頭の回転が速い

・優しい

・物事をマイナスに考える癖がある

 

深読みで疲れないための方法

・相手の言葉はそのまま受け取る

・どうでもいいことはスルーする

・会話のやりとりを思い出さない

・想像するならプラス思考にする

 

深読みできるのは優れた能力であるものの、使い方によっては自分自身を苦しめることになります。

 

ですがバランスよく使い分けることであなたの人生を豊かにしてくれる可能性もあります。

 

もう一度自分の行動や特徴を振り返って、あなたの生活にプラスに働くような習慣を付けてください。

 

このコラムを書いた人

フリーランスカウンセラー:「K」

病院での臨床経験は約20年。現在はフリーのカウンセラーとして活動中。
主にメンタル疾患、職場の悩みなどの相談を解決します。
愛犬家です♪

 

「K」さんへの質問、カウンセリングの依頼はココなびお問合せフォームから受け付けています。 

 

もう耐えられない、一人では乗り越えられないという方は、こちらからお気軽にご相談ください。

 

仕事や人間関係で悩んでいる方へ👇

→言われやすい人の特徴と対処法。注意・文句・雑用を言われやすい人は病気になります

→友達といると疲れる原因はコレ。一緒にいても疲れない付き合い方や対処法

 

RELATED POST

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。