コラム

亡くなった犬に会いたいと思っている方へ。もう一度愛犬に会う方法はあるのか?

 

大切な家族である愛犬を亡くした方なら、「もう一度会いたい」と願うのは当然です。

 

どうにかして亡くなった愛犬に会うことは出来ないのかと、熱心に調べている方も多いことでしょう。

 

私も今まで何度か愛犬とのお別れをしてきました。

初代の愛犬が亡くなってもう30年近く経ちますが、やはり今でも会いたいと思っています。

 

もし会えたらどうしたいのかと言えば、

ギュッと抱きしめたいし、

たくさん遊びたいし、

美味しいご飯を作って食べさせてあげたいです。

 

でも正直なことを言えば、生きていた頃にもっと良くしてあげられなかったことを謝りたい…

 

あの時そばに寄って来てくれたのに、なんで無視したんだろう。

あの時寂しそうにしていたのに、なんで一緒に遊んであげなかったんだろう。

ずっと昔のことなのに、いまだに後悔はなくなりません。

 

亡くなった愛犬に会う方法はある?

 

もう一度愛犬に会いたい理由は人によって様々です。

 

愛犬が若くしてなくなったのなら「もっと長生きさせてあげたかった」と思うでしょうし、大往生だったとしても、あのぬくもりをもう一度感じたいと思うでしょう。

 

愛情が深かった分、絆が強かった分、愛犬がそばにいないことがとても辛く、会いたい気持ちが強くなりますよね。

 

中には亡くなった愛犬に会いたい一心で、霊感のある人や占い師に頼んで愛犬と交信してもらう方もいます。

 

姿を見ることはできませんが、元気だった頃の気持ちを聞けたり、いまはどんな所で何をしているのかを聞けたり、飼い主のメッセージを届けてもらえたりするそうです。

 

霊感があるとかないとか、

動物と交信ができるとかできないとか、

そういうことは私にはわかりませんし、

もしそれで本人が救われるのなら「亡くなった愛犬に会う方法」なのかもしれません。

 

でも私は、亡くなった愛犬の魂や愛犬と飼い主の絆はもっと尊いものだと思っています。

 

愛犬は飼い主以外の人間に心を開くのでしょうか?

愛犬は霊能力者や占い師と交信したいのでしょうか?

 

そんなことないですよね。

 

愛犬はあなたに話しかけて欲しいのです。

あなたとだけ繋がっていたいのです。

 

だって犬は飼い主のことが一番大好きなんですよ。

飼い主を喜ばせることを使命にして、ずっとあなたのことを想って生きていたのです。

旅立っていった今だってあなたのことが大好きです。

ずっとあなたのことを想っています。



亡くなった愛犬に会えるのはもう少し先のこと

 

どんなに愛犬のことを大切にしていた方でも、

「あの時もっと撫でてあげれば良かった」

「最後に抱っこしてあげれば良かった」

「いろんなところに連れて行ってあげたかった」

と、心の中が後悔する気持ちで溢れています。

 

でも犬はそんなことを気にしていないのだそうです。

 

飼い主に大事にされたこと、楽しかったこと、嬉しかった思い出だけを覚えています。

 

逆に私たちが後悔したり、謝ることばかり考えていると、

自分が飼い主を困らせることをしたのかと思って心配してしまいます。

 

せっかく虹の橋で楽しく暮らしているのに心配させたら可哀そうですよね。

 

同じように、

「もう一度会いたい」

「夢でもいいから出てきて欲しい」

と願ってばかりいたら、

『ボクのせいで寂しい想いをさせているのかな?』

『ワタシのせいで泣いているのかな?』

と悲しませてしまいます。

 

だから私たちは心の中で愛犬の姿を思い浮かべながら、

「あの時楽しかったね、一緒にいてくれてありがとう。」

「君がいてくれたから私は幸せだったよ、ありがとう。」

と感謝しましょう。

 

「元気でやってるの?こっちも元気だよ。」

と笑顔で話しかけてあげましょう。

 

愛犬は、あなたが笑って話しかけてくれることが何より嬉しいんです。

 

今はまだ無理かもしれませんが、姿を変えて戻ってきてくれることもあるでしょうし、あなたが天寿を全うした時は必ずまた会うことができます。

 

ただ、会えるのはもう少し先のことです。

今は思い出して話しかけてあげることしかできないのです。



愛犬はいつでもあなたの傍に来てくれる

 

愛犬が目の前からいなくなってしまった喪失感を埋めることはできません。

それは「淋しい」とか「悲しみ」という言葉では表すことができない気持ちです。

 

何年たっても急に涙が出てくることがあります。

泣いたら天国の愛犬が悲しむという人もいます。

でも感情を抑えるのは難しいですし、

泣いてしまうのは、深く深く思い出している証拠です。

 

愛犬を思い出している時、愛犬はあなたのすぐ近くに来ているんだそうです。

姿は見えなくても、すぐ傍であなたに微笑みかけているんですね。

 

せっかく愛犬が傍に来てくれているんです。

私たちも笑顔で「ありがとう。大好きだよ。」と伝えてあげましょう。

 

犬たちは飼い主を喜ばせることを使命にして、ずっと飼い主のことを想って生きてきました。

あなたの笑顔が見たくて頑張ってきたのです。

今は天国で「いつ会えるのかな」とあなたを待っています。

 

だから私たちは笑顔で安心させてあげましょう。

 

「もう少し待っていてね。また必ず会えるから」

と、語りかけて…

このコラムを書いた人

フリーランスカウンセラー:「K」


病院での臨床経験は約20年。

自身も重度のうつで3年間寝たきり生活を経験。
現在はフリーのカウンセラーとして活動中。


幼い頃から犬と一緒に暮らす愛犬家です。



ペットロスで苦しい想いをしている方へ

このページをご覧になっている方の中には、ペットロスを抱えている人もいらっしゃることでしょう。

 

ペットを喪ったった悲しみはなかなか消えませんが、辛い気持ちを誰かに話したり、本を読むことで少しばかり気が楽になることもあります。

 

気持ちを楽にしてくれた本

 

寂しさや悲しさをどうすればいいのかわからず困っている、辛い気持ちを誰かに伝えたいという方は記事下のコメント欄に書き込んでください。

 

~ペットロス関連の記事~

→「死んだ犬に謝りたい」後悔で苦しんでいるあなたへ。どうか自分を責めないでください

→犬は死んだらどこに行くのか?天国は遠いところではなく心の中にある

→亡くなった犬の気持ち。あの子はどんなことを思っていたのか?

→「犬が死んだ…悲しい…」なぜ愛犬の死はこんなにも苦しいのでしょうか

→ペットロス症候群で見られる症状と対処法「愛情が深いほど悲しみは大きい」

RELATED POST

POSTED COMMENT

  1. 読む人 より:

    半年前に最愛の愛犬を亡くしました。毎日会いたい、抱きたい、撫でたい気持ちで涙が止まりません。でもKさんのコラムを読み本当に心が癒されました。私が泣いてばかりいたらあの子が悲しむと思えば楽しかった沢山の思い出に感謝できるようになりました。
    Kさんありがとうございます。

    • k より:

      読む人さん、コメントありがとうございます。
      愛犬に感謝できるようになったとのことでよかったです。
      私も自分の愛犬を亡くした時、随分長い間苦しんで、塞ぎ込んでいました。
      でもそんな私を見て、周りの人達が辛そうな顔をしていることに気づきました。
      そして、亡くなった愛犬も同じ様に辛い想いをしているのではないかと気付かされたのです。
      愛する子が自分のそばから居なくなったのは悲しいでふが、消えて無くなった訳ではありません。
      今は少し距離が離れてしまったけど、強い絆で結ばれていることに変わりない。
      きっと愛犬もあなたに感謝しながら、あなたを待ち続けていると思います。

  2. 匿名 より:

    まさに愛犬を亡くしたばかりのペットロスで、この辛さが耐えきれず検索して色々と読んで少しでも前を向きたいと思っている最中です。本当に大好きで大切で愛おしい愛犬に病気が見つかり10歳という若さで亡くなってしまい…後悔と寂しさと虚しさと、もう二度と抱けないのか?撫でてやれないのか?という絶望で毎日泣いています。この気持ちがいつか落ち着き、また会えるよね!って思える日が来るのか…不安です。

    • K より:

      コメントありがとうございます。
      10歳で亡くなってしまったのですね。
      とても残念でなんと声をお掛けすればいいかわかりません…
      愛犬を亡くしたばかりで絶望するのは自然なことで、それだけ愛情が深かった証拠です。
      また、愛犬もあなたのことを愛していたからこそ辛いのだと思います。
      心に大きな穴がぽっかり空いてしまったような喪失感、もう触れることができない寂しさ…
      しばらく辛い日々が続くかもしれません。
      でも少しずつ少しずつ、愛犬を喪った悲しみが感謝する気持ちに変わっていけばいいし、きっとそうなっていくと思います。
      あなたと愛犬は深い絆で結ばれていますし、いつもあなたのことを見守っていてくれるのですから。
      今は心が混乱して、何も手につかず、いてもたっても居られないなら、ただただ悲しんでいてもいいのではないでしょうか。

  3. 匿名 より:

    Kさん、返信ありがとうございました。今日気がつきお礼が遅くなりすみません。Kさんのコラムには毎日心が慰められております。ともすればあの子がいない大きな喪失感と絶望に飲み込まれそうになり涙が止めどもなく溢れてくるのです。そんな時いつもKさんのコラムを繰り返し読んでおります。私があの子の事を考えている時あの子は私の側に来ているとのこと、私が自分を責めていたらあの子が悲しむとの事、それを自分に言い聞かせて
    たくさんの楽しい思い出に感謝するようにしております。
    Kさん、本当にありがとうございます。
    読む人より

    • K より:

      コメントありがとうございます。
      私も今の自分があるのは先に天国に行った子達のおかげだと思って、日々感謝するようにしています。
      少しでもお役に立てれば幸いです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。