コラム

悪口を聞かされるストレスでメンタル崩壊!悪口ばかりの職場で自分を守る方法

 

常に悪口が絶えない職場があります。

 

例えば…

・さっきまで一緒にいた人の悪口を言う

・上司が率先して悪口を言う

・平気で聞えるように悪口を言う

・口をひらけば全て悪口

・お互い陰口を言っているのに表面的には仲がいいフリをしている

 

狭い職場で一日中他人の悪口を聞かされるのは苦痛ですよね。

 

悪口ばかりの職場は汚染物質のごみ箱のようなもの。

 

いくら自分は関わらないようにしていても、その場で過ごすだけで確実に汚染されていきます。

その結果ストレスで眠れなくなったり、頭痛・耳鳴り・アレルギーなどの身体症状があらわれることもあります。

 

実は職場の悪口が原因で病気になり、クリニックにかかっている人は多いのです。

 

直接悪口などの攻撃を受けた訳でなく、「毎日他人の悪口を聞いていておかしくなった」という方もかなりの人数いらっしゃいます。

 

よく、

どこの会社でも多少の悪口はあるだろ。

悪口は人間関係の潤滑油だ!

というバカ独特の価値観の人がいますが「どこの会社でも悪口ばかり」ということはありません。

 

人間なので少しくらい愚痴を言ったりしますが、絶えず悪口が飛び交う職場は異常です。

ひとりひとりが自分の仕事に責任を持ち、社員みんなが同じ目標に向かって頑張っている会社では悪口などありませんよ。

 

もしも悪口ばかりの職場で働いていて「苦痛」に感じている場合はすでに危険信号が出ている証拠です。

そのままの状態で仕事をしていれば、身体に異変が出たりメンタルが崩壊して酷いうつ病になってしまうリスクもあります。

他人の悪口を聞かされたあげく、あなたが病気になるなんて理不尽ですよね。

そこで今回は、悪口ばかりの職場でストレスをためない心の持ち方、自分の身を守る方法を紹介いたします。

「あなたの健康より大切なものはありません」

 

☑すぐに見たい項目があれば下のContentsからお選び頂けます

 

悪口を言う人達の心理

悪口は建設的ではなく、時間と労力だけ使う無駄なものです。

言っても何も良いことがありません。

それなのに絶えず人の悪口ばかり言う人は何が目的なのでしょうか?

まずは悪口を言う人の心理を見てみましょう。

 

敵を作ることで自分の仲間を増やしたい

共通の敵がいることでグループの結束力が強まることが心理学で証明されています。

誰かの悪口を言うことで共感してくれる仲間を作りたいという意識が働いています。

 

そんな繋がりに価値がないことに気付けない可哀そうな人達です。

 

自分の力を誇示したい

マウンティングという言葉がありますが、相手より自分が上だとアピールしたいために悪口を言う人間もいます。

 



相手に嫉妬している

自分よりも能力が高い相手に対して、相手の評価を落すことで自分が優位に立ちたいという考えです。

悪口を言ったからといって、自分の本当の能力が上がるわけではないのですが、精神的な満足感を得たいのです。

つまり自分に自信がないということなんです。

 

努力をして自分の能力や技術を伸ばそうとしない愚かな人がやることです。

 

ストレスを発散したい

仕事やプライベートが上手く行かないストレスのはけ口として悪口を言うケースは多いです。

ですが悪口を言うと交感神経が興奮するのでストレスの発散にはならず、余計ストレスがたまっています。

するとまた悪口を言うことで発散しようとします。

その結果永遠に悪口を言い続ける状態に陥るのです。

 

生活が充実していない上に、ストレスの発散方法すらわからない残念な人です。

 



悪口ばかりの職場で自分の身を守る方法

あまりに酷い職場の場合、根本的に解決するには転職するしかありません。

ですが転職は気軽にできるものではないです。

まずは現在の職場であなたの身を守る対症療法を紹介します。

 

割り切った付き合方を徹底する

あなたは悪口を言い合う人達とは仲良くなりたくないはずです。

でもスムーズに仕事をするには「全く関わらない」という訳にはいきません。

ですので”仕事は仕事”と、徹底的に割り切る必要があります。

 

もしかしたらみなさんは、仕事を円滑にこなすには「表面上でも仲良くならなきゃいけない」と考えていませんか?

 

それはまだ割り切った考えとは言えないです。

例え表面上でも「仲良く」なんてしなくていいんです。

でも「無表情で必要最低限しか言葉を交わすな」ということではないですよ。

自然な表情で、悪口以外の会話や世間話には参加して、スムーズに仕事が回るような人間関係を作ってください。

 

ただしその時に、

悪口言うような人達と笑顔で話しているなんて…

この人達と仲良くしている自分が嫌…

というような罪悪感を持ってはいけません。

 

精神的にストレスを感じるのは、自分が思っていることと、実際に行っていることにギャップがあるからです。

職場の人間関係は仕事の一つであって、仲良くする事とは全く違います。

特に日本人は「人間関係を持つ=仲良くしなきゃいけない」という教育を受けているので誤解してしまいます。

 

あなたは何も悪いことをしていませんので、後ろめたい気持ちになる必要はないんです。

 

この人達と関わるのは、自分の仕事を効率よくこなすための戦術

という意識を持ってください。

 

もちろん必要以上に関わらないことも大切です。

・悪口が始まったら席を外す

・悪口を振られたら「えっ、そうなんですか?知りませんでした。」と鈍感なふりをする

などの対処をして、

この人に言っても反応が微妙だな

と認識されるようになりましょう。

 



繊細な人は聞き流すのが難しい!

「悪口なんて聞き流せばいいんだよ」という人もいるかもしれません。

中には他人が話している悪口を聞き流すことができる人もいます。

でも、これを読んでいるあなたは、聞き流せないから困っているんですよね。

他人の気持ちがわかる人、優しい人、繊細な人は、本能的に誰の話でも良く聞いてあげようとするので、他人の悪口も聞き流すことができません。

聞き流せないどころか、話している人の感情まで読み取ってしまいます。

これはあなたに備わった優れた能力です。

その才能を持ったあなたには、

「聞き流そう」「感覚を麻痺させて気付かないようにしよう」

というのはとっても難しいことなんです。

 

ではどうすればいいのか?

 

まずは物理的に感覚を遮断しましょう。

・悪口を言っている人達からなるべく離れる(その場から席を外す)

・耳栓をする

耳栓は目立たないものを使いましょう。

完全に遮断できなくても、少しボリュームが下がるだけでかなり効果がありますよ。

 

それから、予防対策だけでなく、他人の悪口ですり減らされた感覚をケアすることも大切です。

次は心身の回復を早めるケア方法について紹介していきます。

 



他人の悪口で疲れた心と体をあっという間に回復させるケア方法

あなたは悪口を聞かされて溜まったストレスをどのように発散していますか?

友達と遊びに行く、美味しいものを食べる、お酒を飲む、買い物をする、運動する…

色んな方法で発散していると思います。

ですが、あなたの身体を休ませてあげることは考えているでしょうか?

ストレス発散はとても大切ですが、逆に神経が興奮して疲労することも多いです。

普段から積極的に五感を休ませる工夫をすることで心身の回復も早くなります。

● 視覚のケア

・照明を減らし、部屋を暗めにする

・アイマスクを使用する

・休むための部屋には余計な物を置かない

・スマホを見る時間を減らす

など

 

● 聴覚のケア

・あまり人のいない森林などで散歩する

・耳栓を使う

・テレビや動画、音楽を控える

など

 

● 触覚のケア

・締め付けのない服装にする

・布団やシーツは好みの肌触りのものを選ぶ

など

 

● 嗅覚のケア

・自然を散歩して草木の香りを感じる

・好きなアロマをたく

など

 

● 味覚のケア

・味付けの濃い外食を控える

・コーヒーを飲む回数を減らす

・素材の味を感じる料理を食べる

・厳選した食材を提供するお店で食事をする

など

 

身体のために「○○をする」というのではなく、

身体をケアするために「○○をしない」という意識が大事です。

日頃からケアしていればそれだけ回復が早くなりますよ♪

 



他人の悪口がどうしても耐えられない、すでに身体に変調がある場合は…

冒頭で「悪口ばかりの職場が『苦痛』に感じている場合はすでに危険信号」と言いました。

そのまま我慢していれば、眠れない、食欲がない、蕁麻疹が出る、頭が痛いなどの症状に発展することもあります。

 

ですが、症状が出てしまってからでは遅いです。

 

人間の身体はぎりぎりまでストレスに耐えてくれますが、一度症状が出てしまうと、それを改善する能力は低いのです。

 

もしもうつ病のような状態になれば、完全に回復するのはかなり難しくなります。

 

悪口が蔓延している職場は、そこにいるだけで悪影響です。

 

根本的に解決したいなら避難、つまり転職するのが最善な方法です。

 

それにあなたに転職をすすめるのは身を守ってほしいからだけではありません。

 

通常なら悪口が蔓延する環境にいれば、いつしか”悪口をいう人間”に染められていきます。

 

ところがあなたはそれがおかしいことだという信念を持ち続けています。

それは並大抵なことではありません。

 

あなたのような人は、もっと意識の高い人達と一緒に仕事をした方が能力を発揮できるはずです。

それなのに、今の職場に居続けるのは非常にもったいないことです。

 

他人の悪口とは無縁の職場で気持ちよく働くことで、余計なストレスから解放され、プライベートも充実していきます。

 

でも…

「転職って大変そう」

「いい条件の仕事を見つけるのは簡単じゃない」

と思われるかもしれません。

確かに求人情報や職場見学だけでは「悪口のない職場」を見分けるのは不可能です。

自分一人で転職先を探すのはとても大変でリスクもあります。

 

ですがそんな時に力になってくれるのがハローワークや転職サイトです。

 

「必ず転職する」と決断しなくても、今の会社を続けながら次の職場を探しても全く問題ありません。

 

求人情報を見ていれば「今の会社が嫌になっても次があるから」と気分が楽になります。

 

今すぐ辞める決心がついていなくても、とりあえず登録しておくだけでも精神的に余裕が持てます。

それにハローワークや転職サイトの利用は無料なので興味のある方は一度目を通しておいた方が損をしません。

 

出来る限りたくさんの求人を知っておくことで、その分自分の理想の転職先を見つけられる可能性が非常に高くなります。

普段から見れば見るほど、自分の理想の職場を見つけられる確率は上がりますよ。



まとめ:他人の悪口であなたが被害を受けるのは理不尽

常習的に悪口を言い合うような職場の場合、上司が率先して悪口を言っていることもあります。

このような人達の考えや行動を変えることは不可能です。

決して「なんとかしたい」と考えてはいけません。

とにかくあなたの身を守ることを最優先に考えてください。

 

自分は何も悪いことをしていないのに、悪口を聞いているだけで身体がおかしくなった。

他人のせいで身体を壊してしまう理不尽なことが現実に起きています。

 

手遅れにならないように、自分自身のストレスサインに早めに気付いてあげてください。

 

このコラムを書いた人

フリーランスカウンセラー:「K」

病院での臨床経験は約20年。現在はフリーのカウンセラーとして活動中。
主にメンタル疾患、職場の悩みなどの相談を解決します。
愛犬家です♪

「K」さんへの質問、カウンセリングの依頼はココなびお問合せフォームから受け付けています。 

 

こちらも合わせてご覧ください👇

→深読みしすぎる人の特徴と対処法「先回りして考えたり行動するから疲れる」

→言われやすい人の特徴と対処法。注意・文句・雑用を言われやすい人は病気になります

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。