コラム

犬は死んだらどこに行くのか?天国は遠いところではなく心の中にある

 

犬は亡くなったらどこに行くのでしょうか?

 

ご存知の方も多いと思いますが、「虹の橋」という詩があります。

 

~虹の橋(にじのはし)

 

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

 

この地上にいる誰かと愛し合っていた動物は、亡くなるとそこへ行くのです。

 

そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。

 

食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、みんな暖かくて幸せなのです。

 

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、

 

傷ついていた不自由な体になっていた子も、元の体を取り戻すのです。

 

……まるで過ぎた日の夢のように。

 

みんな幸せで満ち足りているけど、ひとつだけ不満があるのです。

 

それは自分にとっての特別な誰かさん、

 

残してきてしまった誰かさんがここにいない寂しさのこと……。

 

 

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。

 

でも、ある日、その中の一匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。

 

その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。

 

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。

 

速く、それは速く、飛ぶように。

 

あなたを見つけたのです。

 

あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱き合います。

 

そしてもう二度と離れたりはしないのです。

 

幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。

 

そしてあなたは、自信にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。

 

あなたの人生から長い間失われていたけれど、その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。

 

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです……。

 

この「虹の橋」は、ネット上にある作者不明の海外の詩です。

 

これを読んだあなたは、涙があふれ出てきたことでしょう。

 

犬達は「安らかで幸福な世界」で過ごしているのですね。

あの頃のように、元気に走り回っている姿が目に浮かびます。

 

 

なぜ「虹の橋」を読むと、心が揺さぶられるほどの感動をおぼえるのでしょうか?

 

それはおそらく、私たちの心の中に「虹の橋」の記憶があるからだと思います。

 



 

虹の橋というのは、天国への入り口のような場所です。

そこで犬は、あなたを置いて行かないように待っていてくれるのです。

 

「また会おうね」という約束をちゃんと果たすために、待っていてくれるのです。

そして一緒に橋を渡り、天国に行くのですが、その後はどうなるのでしょうか?

 

天国で過ごす時間はそれぞれ違いますが、容姿、性別、人種、種族を入れ替わり、再び生を受け、この世に戻ってきます。

 

「それではあの子と離ればなれになってしまう…」と心配になるかもしれません。

 

でも大丈夫です。

 

虹の橋を渡り、天国に行く時に「生まれ変わったら、また一緒にくらそうね」と約束をするからです。

 

そもそも、その約束をしたからこそ、あなたは愛犬と運命的な出会いを果たすことができたのです。

 

 

あなたが、愛するあの子と出会った時のことを思い出してください。

 

なぜ、あの日、あの時間に、あの場所にいたのか。

 

あの日、あの時でなければ出会えることはなかったですよね?

 

この広い世界で、たくさんの犬と人がいる中で、一秒のずれもなく出会ったのです。

 

 

犬に全く興味がなかったはずなのに…

たまたま通りかかったペットショップで…

どこからともなく現れて、私の後をついてくる…

 

いつもと同じ事をしていても、

いつもと違ったことをしたのに、

なぜか、あの子に出会ってしまった。

 

虹の橋で交わした「また会おうね」という約束を果たすべく、この出会いがもたらされているのです。

ですので、「出会い」というよりは「再会」といったほうが正しいでしょう。

 

出会うべくして出会う

 

真の愛情で結ばれた者同士は、いつの世でも必ず出会うことになります。

 

あなたの愛するあの子とは、かつて再会を約束し、一緒に虹の橋を渡った者同士なのです。

そして時を超えて今も愛し、今も愛されています。

この絆は切れることがありません。

 

 

「犬は天国に入れない」

「人間と動物は天国が違う」

というような事を言う人もいます。

 

しかしそんなことは決してありません。

 

虹の橋のような場所は必ず存在し、人間も犬も同じ天国に行きます。

ただし、天国というものはこの世にいる人間が勝手に名付けたものですので、実際には天国という名前ではないと思います。

 

ですが、虹の橋や天国と言われるような、穏やかで安らかな場所は必ずあります。

 

 

人間は自分の目で見えるもの、知っているものしか信じられないところがあります。

ですので、天国の場所、方向、距離などがわからないから「そんなものはない」という人もいるのです。

 

確かに虹の橋がどこにあるのかを、具体的に言い表すことはできません。

 

でもあなたには、「虹の橋」を読んだ時、

その光景がはっきり目に浮かびましたよね?

愛犬が元気に走り回っている姿を見ることができたはずです。

 

そうなのです、

虹の橋や天国は、どこか遠くにある世界ではなく、あなたの心の中にあるのです。

 

心の中と言うよりも、あなたの愛犬への想い、愛犬に対する優しさそのものと言ったほうがいいかもしれません。

 

あなたが愛犬への気持ちを忘れない限り、いつでも一緒に居れますし、この先もずっと一緒に生きていけます。

そしてまた来世でも、離ればなれになることはありません。

 

だから安心してください。

 

犬は亡くなったら、穏やかな地であなたのことを待っています。

そして、あなたの想いや優しさがある限り、いつも身近に感じることができるのです。

 

このコラムを書いた人

フリーランスカウンセラー:「K」


病院での臨床経験は約20年。

自身も重度のうつで3年間寝たきり生活を経験。
現在はフリーのカウンセラーとして活動中。


幼い頃から犬と一緒に暮らす愛犬家です。

 

ペットロスで苦しい想いをしているあなたへ

ペットを喪った悲しみはなかなか消えることがありません。

私や私の家族も、大切な愛犬を亡くす度に苦しい想いをしてきました。

ですが辛い気持ちを誰かに話したり、本を読むことで少しばかり気が楽になることもあります。

気持ちを軽くしてくれた本

 

寂しさや悲しさをどうすればいいのかわからず困っている、辛い気持ちを誰かに伝えたいという方は記事下のコメント欄に書き込んでください。

 

~ペットロス関連の記事~

→「死んだ犬に謝りたい」後悔で苦しんでいるあなたへ。どうか自分を責めないでください

→亡くなった犬に会いたいと思っている方へ。もう一度愛犬に会う方法はあるのか?

→亡くなった犬の気持ち。あの子はどんなことを思っていたのか?

→「犬が死んだ…悲しい…」なぜ愛犬の死はこんなにも苦しいのでしょうか

→ペットロス症候群で見られる症状と対処法「愛情が深いほど悲しみは大きい」

RELATED POST

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。