コラム

「犬が死んだ…悲しい…」なぜ愛犬の死はこんなにも苦しいのでしょうか

 

愛犬の死はどうしてこんなにも悲しく、そして辛いのでしょうか。

 

犬はあなたと出会うために、大切な命の時間を授かって、可愛らしい姿を借りてやってきました。

 

あなたと出会うことで、名前をつけてもらい、ご飯を一緒に食べ、毎日散歩に連れて行ってもらい、きれいにお手入れされて、本当の家族になれたのです。

 

人間と犬とでは見た目や言葉の違いはありますが、心と心で繋がることでお互いの愛情を分かち合うことができます。

 

ずっと一緒に過ごすうちに、言葉を交わさなくても通じ合える感覚がありましたよね。

 

そうしているうちに、あなたにとってかげがえのない存在として、いつもそばに寄り添ってくれていたことでしょう。

 

あなたがキッチンに立てば、その様子をじっと見つめ、あなたが話しかければ耳を澄まし、あなたが出かければ窓から見送り、そして尻尾をふって出迎えてくれる。

 

いつでもあなたに関心を寄せてくれて、いつの間にかあなたにとっては、『一緒にいるのが当たり前』『いなくなることなんて考えられない』という関係になっていたことでしょう。

 

それはもう、人生で最良のパートナー、唯一無二の存在でしたよね。

 

それだけ大切な者を亡くしたのですから、悲しいのも苦しいのも当たり前です。

どれだけ泣いても、どれだけ苦しんでもおかしなことではないのです。

 

素直な気持ちで泣いていい

 

愛する者の死に、「人間だから」とか「動物だから」などの区別はありません。

 

あなたと愛犬の間に深い愛があったからこそ、とても悲しく、苦しいのです。

愛犬を愛し、そしてあなたも愛されていたからこそ辛いのです。

 

残念なことに、この世に生まれながら、自分以外の存在を本気で愛せない方もいます。

しかしあなたと愛犬の間には確かな愛情がありました。

 

それは誇らしく、そして尊いものです。

愛する者をうしなった悲しみ、

この悲しみは決して避けて通れるものではありません。

 

そして愛情が大きければ大きいほど、たくさん涙があふれてきます。

ですからどうか我慢せず、素直な気持ちで涙を流してください。

 

もしかしたら、その涙には「あの時〇〇してあげていたら…」「もっと○○してあげれば良かった」と後悔の想いが混じっているかもしれません。

 

でもそんなに謝らなくても大丈夫です。

今となっては、もっとしてあげられたことがあったと感じるかもしれませんが、その時は最善を尽くしたはずです。

 

今考えればもっといい方法があったとしても、あなたはやれるだけのことをしてあげました。

 

可愛い名前を付けてあげて、あんなに小さかった子を大事に大事に育てました。

 

時には大きな声で叱ったこともあったでしょうし、

「あっちに行って」と冷たくあしらってしまったこともあったでしょう。

 

誰しも愛犬をうしなった途端、酷いおこないをしてしまった自分を責めてしまいます。

 

でもそれは、あなたと愛犬の間にある愛情の大きさに比べれば、ほんの些細なことなのです。

 

あなたはいつも愛犬のことを考え、寂しい想いをしないようにとなるべく一緒にいてあげたではないですか。

 

愛犬が喜ぶだろうと、美味しそうなお肉を買ってあげたこともあったでしょう。

 

どんなに疲れていても散歩に連れていってあげましたよね。

 

そんなあなたを責めたり、恨んだりすることはありません。

 

旅立って行った愛犬が言いたいのはこれだけです。

 

「優しくしてくれてありがとう、本当に楽しかったよ。また会おうね。」

 

あなたのことが大好きだったあの子は、いつもあなたに感謝しています。

そしていつかまた再会できることを心待ちにしています。

でも今はあなたとの楽しい思い出だけで十分なのです。

 

ですからあなたも先立った愛犬に「ありがとう」と言ってあげましょう。

そして素直にたくさん泣いてください。

 

ただしいつまでも後悔の涙を流すのは良くありません。

 

犬たちはあなたの心は何でもお見通しです。

「あの時はごめんね」

と言われればすぐにわかります。

 

だからいつまでも自分を責めるのはやめましょう。

 

「そんなの何とも思ってないよ。最後まで一緒に居れて嬉しかった。ありがとう。」

あの子はそう語りかけています。

 

あなたも「ありがとう」と伝えてあげてください。

そして、愛犬との楽しい思い出を振り返りながらたくさん泣いてあげましょう。

 



 

でも「いつまでも泣いていたら犬が悲しむ」という人もいます。

確かにあなたが後悔の気持ちに苦しんでいるのなら愛犬はとても悲しむでしょう。

犬はあなたを悲しませたり、苦しませるために亡くなったのではありません。

 

ですが、それが感謝の涙だったとしたら、犬たちにとってそれほど嬉しいものはありません。

 

では犬が傍にいない寂しさの涙はどうでしょうか。

 

あなたにとってかけがえのないあの子の命は、決してこの世から消えたわけではないのです。

 

目には見えないかもしれませんが、いつまでもあなたのことを見守ってくれています。

あなたが嬉しいと思えば、それを見ている愛犬も同じように喜びます。

あなたが苦しい時は、心配そうに寄り添ってくれます。

一緒に暮らしていた時と、何ら変わりはありません。

 

 

だから安心してください。

あなたとあなたの愛する子は、これからもずっと一緒に人生を歩んでいくのです。

 

このコラムを書いた人

フリーランスカウンセラー:「K」


病院での臨床経験は約20年。

自身も重度のうつで3年間寝たきり生活を経験。
現在はフリーのカウンセラーとして活動中。


幼い頃から犬と一緒に暮らす愛犬家です。

※寂しさや辛さをどうすればいいのかわからない、苦しい気持ちを誰かに伝えたいという方は記事下のコメント欄に自由に書き込んでください。

コメントは一つ一つじっくり時間をかけて読ませて頂き、丁寧に返信したいと思っています。

その為、時間がかかりますので返信が遅くなってしまうことをご理解ください。

また、返信してもみなさんのところに通知される事はありませんので、お手数ですがもう一度このページを開いてご確認ください。

よろしくお願いいたします ~K~

また、現在ペットロスでお困りの方は公式アカウントを使ったLINEカウンセリングも行っております。

下のボタンから「K」の公式アカウントを友だちに追加して、トークからお問い合わせ内容を送信してください。

どうぞお気軽にご相談ください。

友だち追加
※ボタンをクリックするか友だち追加のID検索から@751iwqfcで検索してください。

 

ココロデザインカウンセリングルーム

公式ホームページ→https://kokorodesign.asobeba.com/

 



ペットロスで苦しい想いをしている方へ

ペットを喪った悲しみはなかなか消えることがありません。

私や私の家族も、大切な愛犬を亡くす度に苦しい想いをしてきました。

ですが辛い気持ちを誰かに話したり、本を読むことで少しばかり気が楽になることもあります。

気持ちを軽くしてくれた本

 

寂しさや悲しさをどうすればいいのかわからず困っている、辛い気持ちを誰かに伝えたいという方は記事下のコメント欄に書き込んでください。

コメントは一つ一つじっくり時間をかけて読ませて頂き、丁寧に返信したいと思っています。

その為、時間がかかりますので返信が遅くなってしまうことをご理解ください。

また、返信してもみなさんのところに通知される事はありませんので、お手数ですがもう一度このページを開いてご確認ください。

よろしくお願いいたします ~K~

 

~ペットロス関連の記事~

→犬は死んだらどこに行くのか?天国は遠いところではなく心の中にある

→亡くなった犬の気持ち。あの子はどんなことを思っていたのか?

→亡くなった犬に会いたいと思っている方へ。亡くなった愛犬に会う方法

→「死んだ犬に謝りたい」愛犬を喪った悲しみと後悔で苦しんでいる方へ

→ペットロス症候群で見られる症状と対処法「愛情が深いほど悲しみは大きい」

RELATED POST

POSTED COMMENT

  1. さく より:

    10年半、一緒に暮らした愛犬が亡くなり、
    今日はちょうど四十九日になります。
    あっという間の時間の経過…毎日本当に辛いです。

    亡骸を抱いて、葬儀もしているのに、
    呼んだらまだ家のどこかから愛犬が覗いてるのではと
    姿を探しますが、当然のことながら姿はなく…
    この世に居ない現実に再び涙する毎日なんです。

    本当に可愛かったです。

    子どもの頃はその愛らしい姿と仕草…。
    どんどん年月が過ぎ老犬になってくると、
    気持ちが通じるようになり、
    子どものような存在から友人のような感覚になりました。

    いつかはお別れする日が来ることは、
    愛犬が元気な頃から理解しようとしていました。

    毎晩一緒に寝る前には愛犬が甘えてきて、
    体をこすりつけてきたり、優しく私の顔をなめてくれたり…
    本当に幸せな気持ちにさせてくれました。
    私も愛犬に対して、毎日感謝の言葉を話し、
    長生きしてねとお願いしていました。

    亡くなる最期の日は少し咳が出ていましたが、
    いつもの朝のようにオモチャで遊んで元気いっぱいでした。
    仕事に行く時には「急いで帰るから待っていてね」
    と言ってましたが、
    その言葉をちゃんと聴いて待っていてくれました。
    私の顔を見て、安心したのでしょう。
    帰宅後に急変してしまいました。
    急いで病院に行きましたが間に合わず、看取られました。

    まさか、あの日に旅立ってしまうとは思いませんでした。

    でも週末に近い金曜日。
    土日はゆっくりお別れができました。
    あの日でなかったら、こんなにゆっくりお別れできなかったかも…

    あの最期の日のことは一生忘れられません。

    亡くなった時に、亡骸はあるけど、
    もう愛犬の魂というか…愛犬自体が居なくなったと感じました。
    魂ってあるんですかね…
    またいつか逢えるかな?

    気持ちのコントロールができずに落ち込んでいたところに
    Kさんのコラムに辿り着きました。
    この優しいコラムが今の私の心を癒やしてくれています。
    ありがとうございます!

    ペットロスを乗り越えるにはまだまだ時間がかかりそうですが、
    泣きたい時にたくさん泣こうと思います。

    • K より:

      はじめまして、「さく」さん。
      大切な愛犬が旅立ってとてもお辛いですね。

      どんなにわかっていても、
      心の準備ができていても、
      別れというのは突然訪れるもの‥

      だからすぐに受け入れられなくて、
      本当に現実なのか?
      朝起きたら、
      仕事から帰ってきたら、
      またそこにいるんじゃないか。
      そんな風に思って、
      でもやっぱりどこにもいなくて、、、
      本当に悲しくて、苦しいですよね。

      でも、
      私はさくさんのコメントを読ませて頂いて何だかとても暖かい気持ちになれました。

      さくさんがどれだけ愛犬に愛情を注いでいたのか、
      そして愛犬があなたのことをどれだけ愛していたのか、
      それがとてもわかりました。

      さくさんと、愛犬の絆がしっかりと感じ取れたのです。

      あなたの元にやってきて本当に良かった、幸せだったと言っているのが目に浮かびます。

      さくさんの言う通り、魂は肉体から居なくなってしまいましたが、愛犬の魂は永遠に消えません。
      だからまた必ず再会できます。

      今はまだ愛犬もあなたと離れ離れになり、悲しくて泣いているでしょうね。

      でも少しずつ穏やかになって、あなたのことを暖かく見守ってくれるようになりますよ。

      かけがえのない存在を喪ったばかりで、心身ともにお辛いと思います。
      出来ないことは無理をせずに、くれぐれもお身体を大切にしてくださいね。

      また何かあれば、いつでも書き込んでください。

      • さく より:

        Kさん、また投稿させていただきます。
        お忙しい中、早々にお返事くださりありがとうございました。
        Kさんが私と愛犬の絆を感じてくださったとのこと、
        とても嬉しかったです。
        本当に大好きでした…。

        愛犬が亡くなった時に
        ご近所の方やお散歩で知り合った方たちが
        いくつものお花をくださって、私の励みになりました。
        四十九日を過ぎて、
        その皆さんに報告と御礼をすることができました。

        愛犬が居なかったら、
        私は職場と家の往復ばかりで
        きっとその方たちと知り合うことはできなかったと思います。

        愛犬のおかげで、毎日のお散歩を通じて
        はじめは簡単な挨拶からはじまり、
        それがいつものことになり…
        今では様々な会話ができる人たちとなりました。

        愛犬がいてくれたおかげです。

        Kさんがおっしゃるように、
        またあの子に逢えるかな…
        今はお互いに悲しくて泣いていても
        またいつか逢えるかな…

        たくさん撮った写真を見ながら、
        また逢おうねと話しかけています。

        実は、一緒に遊んだリビングはあの日のまんまです。
        最期に横たわったお布団とタオルは
        今でも愛犬の匂いを感じます。
        洋服や廊下敷のカーペットで発見した白い毛を
        一本一本大切に拾って集めています。

        なんだか我ながら異常な感じもしますが…

        今はまだリビングで過ごすこともできません。
        祭壇を寝室に作ったので、家にいる時はこもっています。

        次は百箇日…
        その時には今より悲しみも和らいでいるのだろうか?

        またKさんのコラムを読んで、
        気持ちを癒やし、落ち着かせたいと思います。

        優しいコラムをありがとうございます。

        • K より:

          返信が遅くなってしまい申し訳ございません
          文字が小さくなるので新しいスレッドに続けます。

  2. K より:

    さくさんコメントありがとうございます。

    ご近所様やワンちゃん仲間みんなに愛されていたのですね。

    犬というのはもしかすると人以上に色んな繋がりと幸せをもたらしてくれますよね。

    また、「話は通じないのにずっと一緒に居ると人間以上に心が通じ合う」という、本当に不思議な生き物です。

    さくさんに沢山写真を撮ってもらって、いまでも話かけてもらえて、愛犬も安心しているのではないでしょうか。

    「カーペットで発見した白い毛を一本一本大切に拾って…」

    全然異常じゃないですよ。
    絶対集めてとっておいたほうがいいです。

    今はまだ、さくさんのお気持ちが整理できるまで、ご自分の気持ちに素直にしたがって引きこもったり、閉じこもっていていいのではないでしょうか。

    またいつでも書き込んでくださいね。

  3. アミエル より:

    私の心の中を全部文章にしていただきました何度も何度も読み返しては励みにしております本当にありがとうございますまた愛犬の話ができるようになればメールしたいです今は細かくコメントをする事もできないのです
    会いたいだけどもう2度と会えないそればかり思ってしまいます もう泣かないアミが悲しむから それの繰り返しです

    またお便りさせてください

    • K より:

      アミエルさんコメントありがとうございます。

      会いたい気持ちばかり募ってお辛いですね

      泣きたい時は泣いても大丈夫ですよ
      愛犬もわかってくれています

      くれぐれもご自愛くださいね。

      こちらからもご相談頂けます。
      https://lin.ee/mr2Nilc

さく へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。