ペットロス

「死んだ犬に謝りたい」後悔で苦しんでいるあなたへ。どうか自分を責めないでください

 

「いつかは別れの時がくる」というのはわかっていても、まさか本当に愛犬とお別れする日が訪れるなんて想像もできません。

 

「もっと早く病院に連れて行っていれば…」

「私に育てられて不幸だったのではないか?…」

大切な愛犬を喪ったことで後悔の念にかられ、自分自身を責めて苦しんでいる方はたくさんいらっしゃいます。

 

僕は幼い頃から常に犬がいる生活をしていました。

愛犬とのお別れも何度か経験しているので、後悔で苦しんでいる方のお気持ちは痛いほどわかります。

 

 

どんなに愛情を持って接していたとしても、

「もっと早く病気に気付いてあげていれば…」

「もっと一緒に遊んであげればよかった…」

「私のところにやってきて本当に幸せだったんだろうか…」

というように、もっと○○していればという後悔で心が締め付けられます。

 

犬が元気な頃にはそこにいるのが当たり前になりすぎて、しっぽを振って寄ってきても素っ気なくあしらってしまったり、時には疎ましく感じたりすることもあったと思います。

でもそれは決して愛犬に愛情を注いでいなかったというこではありません。

 

本当に犬のことを愛していたからこそ、大きな後悔と自責の念で苦しむのです。

 

あなたは「あの子に謝りたい」「良くしてあげられず申し訳ない…」と感じていても、犬はあなたを恨んだりしていません。

むしろ、今まで深い愛情で包んでくれたあなたに感謝しています。

「今までお世話をしてくれてありがとう、あなたと暮らせて幸せだったよ」

 

「死んだ犬に謝りたい」と苦しんでいる方へ

人間には友達や恋人、仕事、趣味など色んな世界があります。

いくら愛犬が大切でも、365日24時間、常に犬の為に時間を使うのは不可能です。

元気に生活していれば、あなたの仕事やプライベートを優先するのは仕方ないこと。

しっぽを振りながら構って欲しいと近づいてきても「疲れてるからあっち行ってて」「ちょっと静かにして」とあしらってしまうこともあったでしょう。

 

でも犬にとっては飼い主と一緒にいることが楽しみなんですよね。

あなたが全てと言っても過言ではないです。

そしてあなたが辛い時、悲しい時、落ち込んだ時、そばに寄り添って癒してくれたのではないでしょうか。

後になって振り返ると、何だか愛犬から愛情をもらってばっかりいた気になるかもしれません。

 

でも、あなただって愛犬のために色々なことをしてあげたはずです。

 

愛犬を迎える時、「食器はどれにしようか?」「ゲージはこれでいいのかな?」「首輪は苦しそうだからハーネスにしようか」とたくさん悩んで選びましたよね。

子犬の頃は体調を崩すことも多く、何度も病院に連れていってあげたんじゃないでしょうか。

このおもちゃで遊べるかな?

健康に良いフードはどれだろう?

アレルギーに良い食べ物は?

予防注射はいつだっけ?

あの公園に連れてったらきっと喜ぶよね!

 

あなたは意識していなかったかもしれませんが、愛犬のことを第一に考えて、いつも愛情たっぷりで育てていましたよ。

 

ですが人間というのは、後になって色々後悔してしまうものです。

「もっと健康を考えてあげていれば長生きしたんじゃないか」

「別の飼い主のところに行っていればもっと楽しく暮らせたんじゃないか」

「この子は私と一緒にいて本当に幸せだったのだろうか?」

そんな風に思ってしまいます。

 

ですが、旅立った愛犬はあなたに感謝しかしていません。

「自分を迎え入れてくれて嬉しかった」

「今までお世話をしてくれてありがとう」

「いっぱい遊んでくれて楽しかったよ」

あなたに対して心からありがとうと感謝しているのです。

 



犬はあなたに逢うためにやってきた

犬達は、この世に生を受ける時にはじめから自分の寿命を知っているそうです。

「短くて数年、長くても20年。最後は悲しい別れがやってきます。それでも逢いに行きますか?」

 

犬達は飼い主よりも先に死んでしまうことをわかった上で、この世にやってきたのです。

自分の命が短いと知っていても、どうしてもあなたに会いたくて、あなたの目の前に現れるのです。

 

だから絶対後悔がないよう毎日を精一杯生きます。

大好きなあなたと一緒に、あなたの愛情をたっぷり受けて、毎日を一生懸命生きるのです。

そしてあなたのことも幸せにしたいと思って、思いっきりしっぽを振って喜んだり、飛びついて愛情を表現します。

 

ごはんを食べて、お散歩をして、ボールで遊んで、ブラッシングやシャワーをしてもらって…疲れたら眠る。

犬はただあなたと一緒にいることだけで幸せだったのです。

 

だからあなたにいっぱい感謝しています。

あなたを責めたり、ましてや恨むことなんて絶対にありません。

 

あの子は「今まで本当にありがとう」と言っていますよ。

どうか「亡くなった犬に謝りたい」と自分を責めないでくださいね。

 



どれだけ愛情を尽くしても後悔するもの

どんなに愛情を持って接していても、最後まで手を尽くしたとしても「あの時○○していれば…」「もっと○○してあげればよかった…」という後悔は出てきます。

 

でもそれは後になってからわかることで、その時、その時であなたは最善のことをしてきたのです。

結果的に愛犬とお別れすることになりましたが、あなたの決断が間違っていたわけではないです。

だから決して自分を責めないでください。

あなたのことが大好きだった愛犬も、あなたが自分を責めて苦しんでいる姿を見るのは辛いですよね。

 

今すぐには無理かもしれませんし、時間がかかってもいいので、「自責の念」が「愛犬への感謝の気持ち」に変わっていってくれればいいと思います。

旅立った愛犬もあなたにたくさん感謝しているので、あなたも愛犬に感謝の気持ちを伝えてあげてくださいね。

 

でも後悔というのは、「悲しさ」「苦しさ」「寂しさ」が形を変えたものでもあります。

だからそれを無理に我慢しないでください。

泣きたいときはたくさん泣いて、寂しい時は愛犬との楽しい思い出を思い返してあげましょう。

 

あの子はいつもあなたのことを見守っています。

あなたと過ごした日々を懐かしんでいます。

そしてまた出会えることを楽しみにしていますよ。

 



ペットロスで苦しんでいる方へ

ペットロスは犬を愛する方なら誰にでも起こりうるものです。

愛犬を喪った方で、「こんなに苦しいのは私だけなんじゃないか」と悩む人もいますが、決して特別な病気などではないです。

人間であれ動物であれ、大切な存在を喪った者なら誰もが避けて通れない険しい通過点なのです。

愛情が深ければ深いほど、喪った時の悲しみは大きく、それだけ愛犬を大切にしていた証拠です。

 

ですが、悲しみや辛さを一人で抱え込んでしまうと重いペットロスの状態になってしまうこともあります。

ある程度は時間が解決してくれますが、どなたか理解のある人に話を聴いてもらい、苦しい想いを外に出すことが大切です。

 

中には死別の悲しみによって身体症状や精神症状が現れ、精神科や心療内科を受診してお薬をもらって対処するケースも見られます。

 

ただし、病院で処方されるお薬(抗不安薬、抗うつ薬、睡眠導入剤など)を使って一時的に楽になることはあっても、悲しみや苦しみが消えてなくなる訳ではありません。

むしろお薬で誤魔化すことで、症状が悪化する人も少なくないのですし、お薬は副作用にも注意が必要です。

 

そういった面からも、病院で安易に薬を使うよりも、カウンセリングを受けることをおすすめしています。

ですが一般的なカウンセラーは、犬を愛する人の気持ちが理解できません。

残念なことに「たかが犬のことで…」と考えている人達もいるのが現実です。

カウンセリングを受ける場合は、一般的な病院などではなく、ペットロスを専門にしている所を選ぶのが重要になります。

 

もし、寂しさや悲しさをどうすればいいのかわからず困っている、辛い気持ちを誰かに伝えたいという方がいらっしゃいましたら、記事下のコメント欄に書き込んでください。

※みなさんのコメントには一つ一つじっくり時間をかけて読ませて頂き、丁寧に返信したいと思っています。

そのため時間がかかることがありますのでご了承ください。

また、返信してもみなさんのところに通知がいく訳ではありませんので、お手数ですがもう一度このページを開いてご確認ください。

よろしくお願いいたします ~ココロデザイン「K」~

 

また、現在ペットロスでお困りの方は公式アカウントを使ったLINEカウンセリングも行っております。

下のボタンから「K」の公式アカウントを友だちに追加して、トークからお問い合わせ内容を送信してください。

どうぞお気軽にご相談ください。

友だち追加
※ボタンをクリックするか友だち追加のID検索から@751iwqfcで検索してください。

 

ココロデザインカウンセリングルーム

公式ホームページ→https://kokorodesign.asobeba.com/

 

このコラムを書いた人

フリーランスカウンセラー:「K」


病院での臨床経験は約20年。

自身も重度のうつで2年間寝たきり生活を経験。
現在はフリーのカウンセラーとして活動中。
幼い頃から犬と一緒に暮らす愛犬家です。

 

ペットを喪ったった悲しみはなかなか消えませんが、辛い気持ちを誰かに話したり、本を読むことで少しばかり気が楽になることもあります。

 

気持ちを楽にしてくれた本

 

~ペットロス関連の記事~

→新しい犬を迎えたら亡くなった愛犬は怒りますか?悲しみますか?「このような人は新しく迎えてはいけません」

→亡くなった愛犬の供養はどうすればいい?お寺、自宅、一番いい方法は?

→犬は死んだらどこに行くのか?天国は遠いところではなく心の中にある

→亡くなった犬に会いたいと思っている方へ。もう一度愛犬に会う方法はあるのか?

→亡くなった犬の気持ち。あの子はどんなことを思っていたのか?

→「犬が死んだ…悲しい…」なぜ愛犬の死はこんなにも苦しいのでしょうか

→ペットロス症候群で見られる症状と対処法「愛情が深いほど悲しみは大きい」

POSTED COMMENT

  1. ちゃんこのママ より:

    先日可愛い末っ子が旅立ちました。
    発病してからわずか数日の事です。
    お兄ちゃん犬の方が目も耳もかなり不自由で、まさかあの子が先に逝くとは考えてもいませんでした。
    少し様子がおかしいな、と思いつつ、それを軽視してしまっていた自分を、すぐに対処してあげなかった自分を後悔して許すことが出来ません。
    思い返せば、いつもと様子が違った事があれこれあったのに何故もっとしっかりみてあげられなかったんだろう。
    最後に大好きだったベッドで一緒に寝かせてあげれば良かった。
    もっとかまってあげれば良かった。
    とても私に懐いてくれたママっ子で、真っ直ぐに気持ちをぶつけてくるような可愛い可愛い子でした。
    申し訳ないという思いと、もう二度と会えないんだという悲しみと絶望と。
    日常しっかりしないといけないし、お兄ちゃんの世話もしてあげないといけない。
    でも部屋の中にはもうどこにも姿がないし、お兄ちゃんの世話をしながら、もうあの子には何もしてあげられないんだと思うと家にいたら思い出して度々涙が出てきます。
    あの日に戻れたら、後悔のない行いが出来たのか結果が得られたのかわからないけれど、今となってはどうしようもない。
    家族は慰めてくれますが、それを受けて自分を納得させようという思いと、やはり自分を許してはいけないという思いと自分でもどうしようも無い気持ちです。
    時間が経てば少しは気持ちが落ち着くのでしょうか?
    今は只々あの子に申し訳ないだけです。

    • K より:

      はじめまして、ちゃんこのママさん。
      まずは御冥福をお祈りします。
      犬も人間も最期の時がいつやってくるのか、誰にも予測できません。
      今までそこにいることが当たり前だったのに、いなくなってしまったら悲しく、寂しくてたまりませんね。
      そして、心にポッカリ穴があいてしまったような感じではないでしょうか。
      あとから振り返れば、もっと色々出来ることがあったように思えますが、きっとちゃんののママさんは、それまで出来る限りのことをしてあげていたはずです。
      旅立った末っ子ちゃんは、あなたにたくさん感謝していますよ。
      そして今は元気な身体になってあなたを見守っています。
      無理に気持ちを落ち着かせたり、気丈に振る舞おうとせず、今できることだけをしてくだい。
      気がすむまで泣いて、悲しんで、そして辛いなら誰かに頼ってくださいね。
      ただし、旅立った末っ子は、ちゃんこのママさんが自分自身を責める姿を見るのは辛いです。
      申し訳ないと思われるより、一緒に過ごせて良かった、ありがとうと感謝してもらえることを望んでいます。
      居なくなってしまった寂しさは決して消えることはありませんが、いつも身近に感じて、側にいてくれるように感じる日がくると思います。

      お兄ちゃんのお世話、大変でしょうがどうか無理されませんように。
      末っ子の分も愛情を注いであげてくださいね。

  2. ちゃんこのママ より:

    温かいお言葉ありがとうございます。
    ほんとにほんとに可愛い子でした。
    まだまだ時間がかかるし胸の痛みが消えることはないと思いますが、少しずつ辛い思いが薄れてくるのでしょうか、、、
    お兄ちゃんのお世話してしっかり可愛がってあげたいと思います。

    • K より:

      くれぐれも無理されないでくださいね。
      ワンちゃんと、ちゃんこのママさんがたくさんの愛に包まれますように。

  3. みか より:

    6月16日に 極小さい良性の出来物をとるために全身麻酔をかけて世界一愛していた ふらんを失いました。健診では全く異常もなくてんかん持ちでしたが 発作もなく 当日朝も元気いっぱいでお出かけだと思ってピョンピョン走っていました。全身麻酔が怖く良性だし 当日までオペするか悩みましたが 女の子5お尻にできる出来物は悪性が多いと言われて 預けてしまいました。午前中にオペする約束だったので前日夕方6時から飲まず食わずにも関わらず結局麻酔は 翌日3時半でした。麻酔かけてすぐに心配停止になり
    医者から 具合悪いから早くきてと電話がありました。震えながら駆けつけて目にした 私の宝物 ふらんは 心臓マッサージをされていました。 医者は なぜこうなったかわからないと腕組み 足を組み横柄な態度でいいました。今 私は なぜ 良性の出来物を様子見なかったのか、連れて行ってしまったのか、悔やんでも悔やんでも悔やみきれません。なぜか、病院に行く数週間前から ふらんが愛用していたものを捨てて 新しいものに変えたり、三匹犬がいますが トリミングの際に写真を毎回もらうのですが 今回、ふらんのだけ 忘れられたり 今思うと嫌なことがありました。
    ケージに入った生活をしたことがないので医者に午前中のオペを頼んだのに夕方まで…… 不安と緊張と空腹と喉の渇きと 自分はどこも悪くないのに なんでだろうと思っていたかと思うと胸が張り裂けそうです。7月の旅行を申し込んだ日に亡くなり、大好きな次男が都内から帰ってくる日に亡くなり なんでこれから楽しいことがあるって日に 麻酔のミスで亡くなってしまったのか。
    病気の子や年老いた子を看取ったことはありますが 元気だった子を自分の判断で 死なせてしまったことに ふらんに謝りたいです。どう思っているのでしょう。ふらん 本当に ごめんね。

    • K より:

      みかさん、コメントありがとうございます。
      ふらんちゃんのこと、残念でなりません。
      心よりご冥福をお祈りいたします。
      その日まで元気だったのに急に亡くなってしまうなんて…
      お話を聞いただけで本当に胸が張り裂けそうです。

      しかも突然の出来事で、現実をなかなか受け止めることができないと思います。

      「なんで医者に連れて行ってしまったのか」
      「なんでその日に預けてしまったのか」
      「なんで全身麻酔だったのか」

      みかさんは数多くの後悔の念に苛まれて、自分を責めてしまっていることでしょう。

      ただ、ふらんちゃんはあなたのことを責めたりはしません。

      こうなることが運命だったと言ってしまうと冷たい感じですが、犬達は自分の寿命の長さを知った上でこの世に生まれてくるそうです。
      ですので、急な出来事で少し驚いているかもしれませんが、ふらんちゃんは運命を受け入れているはずです。

      良性のできものを取ろうと選択したのも、ふらんちゃんにとってそれが一番いいことだと判断したから。

      残念な結果になってしまったから後悔ばかり出てきますが、あなたはその時考えられる最善の選択をしたのです。

      もちろんもっと長くあなたと一緒に居たかったですし、あなたと幸せな時間を過ごしたかった。
      でも、これまで愛情を注いでくれたみかさんに感謝しています。

      あなたはふらんちゃんをとても大切に育てていました。
      本当にあなたのもとにやってきて良かった、大事にしてもらって良かった、一緒に過ごせて良かったと思っていますよ。

      今は悲しみの底にいて、何を言われても冷静に考えられないかもしれませんが、ふらんちゃんは最後まであなたが大好きでした。

  4. 匿名 より:

    先日飼っていた愛犬を亡くしました。
    元々、癌持ちで
    数日前から呼吸が荒く次の日病院
    行く予定だったのでその日は見るのも
    辛かったので全く相手にしませんでした
    乗っかってこようとしても呼吸がさらに
    荒くなったら大変だから突き放したり
    違う部屋に行ったり…次の日病院行って
    注射して帰宅したら荒い呼吸していたのが
    急にピタッと止まりそのまま亡くなりました。
    今思えば病院行った時灼熱の太陽の中
    行ってそれが悪化させたのかなとか
    前日全く相手にせず次の日亡くなって
    しまってバチが当たったのかと。もう少し
    相手にしていれば、こんなことに
    ならなかったのかと色々考えてしまい
    後悔ばかりです。辛いです。毎日可愛い
    愛犬に癒された生活が急になくなる
    なんて考えられません。時間がたてば
    多少は解決するのかなと思っても
    後悔ばかりはなかなか消えません。

    • K より:

      コメントありがとうございます。
      愛犬を亡くされたとのこと、心よりご冥福をお祈りいたします。

      病気(癌)を持っていたとのことで、ワンちゃんはもちろんのこと、飼い主様も大変苦労なさったと思います。

      犬は少しでも飼い主と一緒に過ごしたいと願っているので、命の炎が燃え尽きるまで生きるのを諦めません。
      だから最後は辛くてもあなたのそばにいたかったんですね。

      でも愛犬の苦しそうな様子を見るのは誰でも苦痛です。
      構うと余計に呼吸が辛そうになるなら、独りでおとなしくさせようとするのも当たり前のことだと思います。

      ですので、「前日全く相手にせず次の日亡くなってしまってバチが当たった」ということは絶対にないですよ。
      病院に連れて行ったのも愛犬のことを想ってのことです。

      後になって振り返ると、その時の選択が間違っていたように感じますが、その時は最善のことをしてあげていたはず。

      だから愛犬はあなたに感謝しています。
      本当はもっと一緒に居たかったですが、自分の寿命を変えることはできないんです。

      あなたが酷く後悔するのは、愛犬にたくさんの愛情を注いでいたからですよね。

      一番大切な存在がいなくなってしまい、心にぽっかり穴があいた状態でお辛いと思いますが、「後悔」の気持ちはもたないようにしてください。
      愛犬はあなたに感謝しています。
      あなたも愛犬に感謝できる日がおとずれますように。
      どうぞお身体をご自愛ください。

  5. あいみすゆー より:

    3年前に家族で愛していた愛犬を亡くしました。
    ここ数日突然自分が愛犬にそっけなくしてしまった事ばかり思い出して申し訳ない気持ちで涙が止まりません。小学生の頃に縁があり里親として飼うことになりました。ずっと犬が欲しかったものの、自分が子供だったので親にばかり散歩や世話などをしてもらっていました。ヘルニアや腫瘍があったりしましたが、手術を乗り切りしばらくは元気でしたが14歳の誕生日を迎えた頃に元気が無くなり、約1ヶ月後に亡くなってしまいました。
    亡くなる半年前頃に私に彼が出来て、亡くなったのも私が海外へ旅行に行っている時でした。親から最期の写真が送られてきてましたが、見ることが出来ず。最近ようやく勇気が出て見ましたが、やはり後悔ばかりが残ります。彼氏ができたことでそっちばかりに気を取られ、最期も見とることができず後悔で涙が止まりません。大人になった今考えるともっと一緒に時間を過ごしたかったし、もう一度会ってありがとうごめんねと言って抱っこしてあげたいです。

    • K より:

      「あいみすゆー」さん、はじめまして。
      3年前に旅立った愛犬のことで後悔し、苦しまれているのですね。

      私も小さい頃から犬を飼っていました。
      そしてあなたと同じように「もっと世話をしてあげれば良かった。もっと遊んであげれば良かった」と後悔しています。

      その後また別の愛犬を迎え、その子も16年位で旅立ち、現在もまた別の愛犬と暮らしています。
      最初に飼った犬、次に飼った犬のことも想いながら大切にしています。

      でも未だに30年も前のことを悔やんでいます。

      人間の社会にはやらなければならないことが沢山あります。
      特に若い頃は好奇心旺盛で色んなものに挑戦したくなるし、人間関係の繋がりも大変です。
      自分の都合で愛犬と関わる時間がもてないのは仕方ありません。

      でも家族みんなでお世話していたはずです。
      ワンちゃんは寂しい想いをしてなかったのではないでしょうか。

      犬たちは優しくて心が広い生き物なのだそうです。
      きっとあなたの事情も分かっていたと思います。

      愛する者の最期を看取るのはとても辛いことで、目を背けたくなるのも無理はありません。
      この世にお別れほど辛いものはないのですから。

      でもあなたの愛犬は病気になりながらも約14年間を生き抜いたのです。
      それはあなた達家族と少しでも長く一緒に居たかったからです。
      だから本当は家族みんなで送り出して欲しかったと思います。

      今からでも遅くないのでありがとうの気持ちを伝えてあげて下さいね。

      犬はとっても優しいから今からでも遅くありません。
      沢山話しかけてあげてください。

  6. くう より:

    先日、約16年飼っていた愛犬を亡くしました。亡くなる一週間前くらいから餌の食いが悪いなと思っていたのですが老犬でしたので普段から食べない事もあったので、いつも餌の上におやつを何点か乗せており、おやつは毎回食べていたので暫く様子を見てしまい衰弱に気付くのに時間がかかってしまった上、看とりのタイミングを誤り最後の夜に様子を見た後、親に一晩預けその日は仕事の休みの前日で、ストレス発散と気持ちの充電に時間を使ってしまいました。次の日に病院に連れていったり毎日仕事場に連れていってずっと見守るつもりで実家に向かう準備をしていたのですが出掛ける一時間前に電話がありました。全て遅過ぎました。きっと前日の夜に行かないで、そばにいてよと訴えていたのです。病院代も掛けさせてもらえ無く仕事の休みの日だったため火葬もその日に済んでなんの負担も負わせず亡くなり飼い主想いな愛犬なのに…自分は楽しんでいる時、どんなに苦しかったかと思うと可哀想で申し訳無く後悔しかありません。愛犬のためにと見つかるはずも無い出来る事を模索する毎日です。

    • K より:

      はじめまして、くうさん。
      約16年飼っていた愛犬を亡くされてお辛いですね。

      ご飯を食べれなくなる、、元気がなくなる、、
      色んなサインが出ていても、愛犬の最期を予知することは誰にもできません。
      後になって思い起こせば‥‥というのが殆どなのです。
      だから看取ることが叶わなくて後悔する方が大勢いらっしゃいます。

      でも、愛犬はくうさんが、最期まで自分のことを想ってくれていたことをわかっています。

      あなたのおっしゃる通り、病院や葬儀の負担を負わせまいとしてくれたのでしょう。
      本当に素敵な愛犬ですね。

      くうさんは愛犬のために出来る事を模索して、苦しんでおられるようですが、、

      あなたはずっと愛犬を大切に育ててきました。
      可愛い名前を付けて、家族として愛情を沢山注いで、最期までしっかりとお世話したのです。
      これは誰にでも出来ることではないんです。

      だから愛犬も「十分良くしてもらったよ。いっぱい愛してくれてありがとう」と言っていますよ。

      残された者にできるのは、
      愛犬に出逢い、沢山の幸せを与えて貰えたことに対する感謝、そして向こうの世界での穏やかな生活を祈る、
      これくらいではないでしょうか。

      この世界で亡くなっても命はずっと無くなりません。
      そしてあなたと愛犬の絆も永遠に消えません。

      今は苦しくてお辛いと思いますが、あなたと愛犬がいつか穏やかな気持ちになれますように祈っています。

  7. KT より:

    元々持病がある子でしたが、5歳という若さでこの世を去りました。体調が悪化したのは私のせいです。その当時、新しい恋人と愛犬を会わせたのですが愛犬の性格上もっと他人に慣れさせてからゆっくり時間をかけていくべきでした。お金がないということで私の家に入り浸るようになり、私が仕事の間は家に愛犬と恋人を2人っきりにしたりしていました。この判断が間違っていました。私が愛犬のストレスが限界を越えた状態になっていることに気づくのが遅すぎました。それまで持病が悪くなることもしばしばありましたが、病院に通うことで愛犬も頑張ってくれて今まで乗り越えてきました。愛犬の体調が悪いのに気にもとめてない恋人の様子にも苛立ちを覚え、愛犬のストレスの要因だと私自身も確信していたので別れましたが遅かったようです。今回はみるみる体調が悪くなり、病院に通っても改善せず、4ヶ月後にこの世を去りました。最初はあいつに愛犬を殺されたと怒りを覚えましたが、私が正しい判断をしていれば、もっと愛犬のことを1番に考えていたらと自分の不甲斐なさのせいだと後悔してもしきれません。亡くなって1年経ちますが、愛犬にあんなことしてしまってたと今だに後悔の念が拭えません。本当にいい子だったので、私のせいで苦しんでこの世を去らせてしまったことを謝りたい…そして最後の最後はお金にも心にも余裕がなくなってしまっていたので、本当に大好きだということが伝えられてなかったのではないかと思ってしまいます。愛犬には私しかいなかったのに、私がダメすぎて…私のせいで、私が殺したも同然なので楽しかった思い出ももちろんありますが、最後の自分の行動が許せないですし、自分がこうしてのうのうと生きているのも腹立たしく思う時さえあります。支離滅裂な文になってしまっていますが、今までにも誰かに話したり相談したりしていますがこの想いが拭えず苦しいです。

    • K より:

      KTさん、コメントありがとうございます。
      愛犬が5歳で旅立たれたのですね。
      心よりご冥福をお祈りいたします。
      どんなワンちゃんだったのでしょうか?

      愛犬を喪くした悲しさ、後悔の気持ちで色んなことが混乱しているようですね。

      まず愛犬が5歳で亡くなったのはあなたのせいではありません。
      そして命は長いから幸せ、短いから不幸ということはないのです。

      犬はこの世に生まれてくる時に自分に与えられた寿命を受け入れています。
      あなたの愛犬は与えられた5年間を精一杯生きたのですよ。
      もちろん定めとはいえ、5年間で満足だったわけではないでしょう。
      ですが10年でも15年でも20年でも同じこと。

      「もっと生きてあなたと一緒にいたい」
      そう思うはずです。

      でも与えられた運命を変えることはできません。
      ですので5年間を精一杯生きたことを労い、感謝を伝えてあげてくださいね。

      また、誰にも頼らず独りで生きていける人間はいません。
      あなたが選んだ生活は、後から考えれば間違いだったかもしれませんが、
      その時はそうするしかなかったのだと思います。
      犬達はとても優しいのでわかってくれています。

      あなたは「この世を去った」とおっしゃっていますが、たとえ身体は消えてしまっても魂は永遠に生き続けています。

      だから大好きだったこと、ありがとうの気持ちを伝えるのはいつでもできるのです。

      向こうの世界では痛みも苦しみもありませんので、愛犬は穏やかに暮らせています。
      そしてあなたの幸せだけを願ってくれています。

      いつもあなたを見守ってくれているのですから、優しく話しかけてあげてくださいね。

      あなたが幸せになることが一番の供養になりますよ。

      • KT より:

        返信ありがとうございます。
        素直で甘えん坊で臆病でお利口でちょっと天然なところもあって…とても可愛い子でした。
        K様のおっしゃっているように、5年を精一杯生きたと思いますし、私の人生にとっても最高の5年間です。
        ただあのストレスになっていたであろう数ヶ月のことが今でも頭から離れなくて…もしかしたら、私の不在時にいじめられていたのではないかなど色々考えてしまいます。動物は人を見抜くと言いますし、あの嫌がり方は何かされていたのではと勘繰ってしまいます…
        最後は下痢続きでご飯も食べれない状況だったので、今は穏やかに暮らせていれば私も嬉しいです。まだ私の中では整理できていないことも多いですが、K様のお言葉はすごく励みになりました。ありがとうございます。

  8. Sより より:

    はじめまして
    こんにちは

    私は昨年の9月に私の不注意で愛犬に
    チョコを食べさせてしまって
    それから体調を崩し
    12月に死なせてしまいました。

    16歳と7ヶ月でした。

    今年24歳になる娘は愛犬を
    ずっと一緒に育ってきた妹で宝物で
    心の支えにしていました。

    それを私が奪ってしまったのです。

    あれから4ヶ月以上経ちますが
    娘はいまだに夜寝られず
    私を責めます。

    私は責められても仕方ないんです。

    娘は私を責め、自分も責め
    苦しんでいます。

    愛犬は
    私も娘も恨んだりしていないということは
    わかります。
    でも、私も娘も
    自分を許せないんです。

    娘は私がチョコを食べさせたから
    私に責任を取らせるため
    病院も水や食べ物や散歩や温度管理などの
    一切を私に任せました。

    私は本当にダメな飼い主でした。
    任されても何ひとつ満足に出来ずに
    しかも一生懸命にもやらず
    ずさんな管理だったから
    悪くなってしまった体を
    元に戻せる訳もなく
    死なせてしまいました。

    娘はそんな私を許せないと
    そんな私に任せた自分を
    許せないと言います。

    もし、私がチョコを食べさせなかったら
    今もまだ一緒に暮らせたと思っています。

    私がもう幸せになってはいけないんです。

    でも娘は何も悪くないんです。
    娘には乗り越えて幸せになって欲しいんです。

    どうしたら良いのか途方に暮れる日々です。

    • K より:

      はじめましてSさん。

      愛犬が旅立っていったのですね。
      心よりご冥福をお祈りいたします。

      不注意だったのかもしれませんが、誰かの責任ではなく、とても残念な事故としか言いようがありません。

      犬も人間も与えられた寿命があり、それを変えることはできないのです。
      だから、あなたがチョコを食べさせなかったとしても、あるいは別の形で最期を迎えたのかもしれません。

      〝なにひとつ満足に出来ずに
      しかも一生懸命にもやらず
      ずさんな管理だったから〝

      私にはSさんがどのように愛犬のお世話をしていたかわかりません。

      実際はしっかりやっていたけど、ご自分ではずさんだと感じているのか、本当にずさんでいい加減だったのか?

      いずれにしても、考えるべきなのは娘さんのことではなく、亡くなった愛犬の事です。

      確かに娘さんはお辛いでしょう。
      心の支えにしてきた存在を喪ったのですから。
      しかも怒りの感情に任せ、あなたに責任を押し付けてしまった。
      最期まで自分で面倒をみるべきだったという後悔。

      ですが心のどこかではわかっていたはずです。
      16歳を過ぎれば確実に旅立ちが近づいている、近い将来その時がくることを。

      そして愛犬が亡くなったのは、あなたの責任ではないこともわかっているのです。

      最期がどんな形であれ、愛犬の旅立ちを受け入れなければなりません。

      でもそれは娘さんに与えられた運命・試練です。
      自分で乗り越えていくしかないのです。

      Sさんが娘さんにしてあげられるのはただ一つ。
      心から愛犬に感謝して、天国で幸せに暮らせるように祈ること。

      今まで幸福な時間を与えてくれた愛犬に感謝の気持ちを伝えて下さいね。

  9. あやの より:

    17年一緒に過ごしたワンコが旅立ってから今日で2年が経ちます。子供の頃家に来て、私が大人になり結婚して母親になっても一緒に過ごしてきました。
    ずっとワンコファーストだったのに、子供ができてからなかなか構ってあげられなくなり。おじいちゃんになったワンコのにおいや痰や目やに、失禁した排泄物が気になり疎ましく思うようになってしまっていました。
    ごめんなさい、ごめんなさい。
    あんなに一緒に過ごしてきたのに
    最後に名前を呼んで 撫でて抱っこしたのは思い出せないほど昔のことです。
    ごめんね。
    最後の2年ほどは、きっと辛い思いを沢山させてしまったと思います。
    ごめんね。。
    寂しそうな顔が忘れられません。
    たくさん一緒に過ごしてくれて
    辛い時の私を助けてくれて
    本当にありがとう。大好き。
    ありがとう。
    あなたを忘れません。

    • K より:

      あやのさん、はじめまして。
      2年前に旅立った愛犬に今も謝りたいお気持ちがあるのですね。

      あなたがまだ子供の時からお母さんになるまで見守って、共に人生を歩んでくれた。

      ても、小さい子供は付きっきりでお世話をしないといけないので、愛犬を構ってあげられないのは仕方ありません。
      ずっと一緒に暮らしてきた愛犬はちゃゆとわかってくれていたはずですよ。

      完璧な人間は一人もいません。
      誰でも気持ちに余裕がない時は、お世話が疎ましく感じるもの。
      あやのさんは、やってあげたい気持ちはあったけど、忙しくて出来なかっただけです。
      あなたの愛犬はそれすらわかっていたと思います。

      だから寂しそうな顔ではなく、「大変そうだね」とあなたを気遣っていたのですよ。

      あなたが辛い時に助けてくれた優しい愛犬。

      でも、優しさをくれたのは、あやのさんに沢山の愛を貰ったからです。

      最後の2年間が心残りで、出来なかったことばかりが印象にあるかもしれません。
      しかし、もっともっと長い時間を愛犬の為に使い、心から愛して、本当の絆で結ばれていたはずです。

      愛犬はあなたの愛情に包まれて幸せでしたよ。

      今は向こうの世界からあなたとあなたの家族を見守ってくれています。
      愛犬が願うのはあなた方の幸せだけ。
      沢山の笑顔を見せて、色んなお話をしてあげてくださいね。

  10. いつか より:

    16年間一緒に過ごしてくれた愛犬が昨日死んでしまいました。
    県外の大学に通ったため4年間まともに会えず、私が知らないうちに、歩けなくなって耳が聞こえず目も見えなくなってしまっていました。
    昔悲しいことがあったらいつもそばにいてくれたのに、誰もいないお家のゲージの中で、一人で最期を迎えさせてしまったことが申し訳なくてたまりません。
    死んでしまったことを両親から知らされたのも火葬も全部終わった後で、苦しんでいる時にテレビ見て笑ったり、美味しいもの食べてたりしてた自分が最悪で許せないです。
    もっとたくさん帰って、もっとたくさん一緒に時間を過ごせば良かった
    幼い頃いっぱい一緒に遊んだり、お昼寝したりした日々が頭から離れずずっと涙が止まりません。
    また会いたいよ どこにもいかないで戻ってきて欲しい

    • K より:

      はじめまして、いつかさん。
      愛犬が昨日旅立ったのですね。
      心よりご冥福をお祈りいたします。

      悲しい時にそばに居てくれた優しい愛犬。
      かけがえのない存在を喪ってとてもお辛いですね‥

      ここ数年は県を跨いでの往来が難しいこともあって、余計に逢う機会が減ってしまったのかもしれません。

      あなたと一緒に成長して、大人になって、いつのまにか年老いて先に旅立ってしまう。
      振り返ればあっという間の日々だったような物悲しさがありますね。

      犬は年老いて身体が不自由になっても、人間のように悲観したりしません。
      ただただ一生懸命に生きて、自分の寿命を全うするのです。

      あなたの愛犬は、一緒に遊んだりお昼寝したりしたことを忘れませんよ。
      あなたの家に迎えてもらえて良かったと感謝しています。

      最期も独り寂しくではなく、
      皆を悲しませないようにひっそりと静かに旅立ったのです。

      本当に優しいワンちゃんです。

      だからあなたが自分を責める必要はありません。

      あなたの愛犬の魂は永遠に消えませんので、
      これからも生前のように毎日話しかけてあげて下さいね。

      それが愛犬が一番喜ぶことです。

      こちらからもご相談を受けています↓
      https://lin.ee/mr2Nilc

  11. SN より:

    先月愛犬を亡くしました。
    亡くなる前日突然吐きだし、息をぜえぜえとしてる姿をわたしが見つけました。
    吐瀉を片付け撫でて励ましてしばらく一緒にいましたが、呼吸が落ち着いたこともあり就寝しました。
    夜中家族から起こされ、息をしていないことがわかりました。
    持病もなく元気に過ごしていたなかでの突然の別れでした。
    なぜ、他の病院に当たらなかったの、なぜ最期まで一緒にいてやれなかったのか、自分を責める気持ちがなくなりません。
    生前ドッグランに連れていくことも叶えられずいってしまいました。
    また両親が最後のお別れをする前に埋葬してしまったこともあり、恨む気持ちが消えません。
    ごめんね、もっと食事に気を使っていれば、もっと遊んであげてたら、他のお家で飼われてたら長生きできたんじゃなかったのかと思ってしまうのです。
    9歳で虹の橋を渡ってしまったあの子に申し訳なくて。
    亡くなった日にみた夢で、花畑で気持ちよく走り回っていたんです。もう天国に行ってしまったのかな。
    会いたいよ、あの子のぬくもりが恋しい

    • K より:

      SNさん、コメントありがとうございます。

      愛犬が9歳で旅立って行ったのですね。
      心よりご冥福をお祈りいたします。

      最期は突然にやってきますので、色んな悔いが残るのは仕方のないことです。
      でも、それもわかった上で後悔するのが人間ですね。

      それだけ後悔するほど愛犬を大切にしていた証ではないかと思います。

      「他のお家で飼われてたら長生きできたんじゃなかったのか」
      というのもよくわかります。

      でも、あなたの愛犬はあなたのお家に迎えてもらうために生まれてきました。
      出逢うべくして出逢いました。
      そして生まれてくる時には自分の寿命を受け入れています。
      9歳は確かに短いですが、それが愛犬の寿命。
      9年間を一生懸命に生きたのです。

      頑張ったね、ありがとうと言ってあげてくださいね。

      向こうの世界に行くと病気や苦痛は一切なくなります。
      あなたの見た通り、気持ちよく走り回れます。

      そして愛犬の魂は永遠に生き続け、あなたの幸せを願い、見守ってくれますよ。

      会いたい気持ち、感謝の気持ちを伝えてあげてくださいね。

  12. K.E より:

    昨年の3月20日、愛犬が旅立ちました。13歳でした。目が白っぽくなってきたな、耳が遠くなってきたなと感じていた頃でした。突然嘔吐し、すぐに病院に行き血液検査で腎臓、心臓に問題があるとわかりました。ご飯も食べられなくなり、日に日に衰弱していきました。そして脳梗塞も発症して丸一日苦しんで逝きました。あの時の苦しそうな顔が忘れられません。嘔吐してから一週間で旅立ちました。あっという間でした。
    ずっと後悔していることがあります。亡くなる1年半前に私の事情で引っ越しました。私はうつ病だったのでなかなか新しい環境に慣れず家に引きこもっていました。その頃位から、お散歩が大好きだった愛犬が外に行っても歩かなくなりました。私は、ただのわがままかなと思っていたのですが今思えば、きっと体のどこかが痛いとか目や耳が不自由になっていたからだったと思います。私は言い訳を作って、お散歩に行かなくなりました。たとえ歩かなくても抱っこしてお散歩に連れていくべきだったなと本当に後悔しています。お散歩にいけないストレスなども影響して病気になってしまったのではないかと思っています。病院にもシニアになったら半年に一回のペースで行くべきだったと後悔しています。亡くなって一年経ちますが、愛犬のことを考えない日はありません。思い出して泣いてしまいます。

    • K より:

      K.Eさんコメントありがとうございます。

      愛犬が13歳で旅立ったのですね。
      心よりご冥福をお祈りいたします。

      お散歩や病院の受診に関して後悔があるとのことですが、愛犬の最期を予期することは誰にもできません。

      もし『このままではあと何年でお別れですよ』
      とわかっていれば、みな必死に病院に連れていくでしょう。

      でも現実はそうもいきません。

       
      だから高齢になっても「まだ大丈夫じゃないかな」、と無意識に判断して病院に連れて行かないことが殆どです。

      ただし、病院に行って病気を発見できたとしても寿命を延ばせる訳ではありませんよね。

      あなたの愛犬は自分に与えられた寿命を精一杯生きたはずです。

      無理にお散歩に連れていかなかったのも、かえって愛犬にとっては良かったかもしれませんね。

      一年経っても毎日愛犬のことを考えて泣くのは、
      それほど大切にしていた、愛情が深かったということだと思います。

      もう一年も後悔したのですから十分ですよ。
      愛犬も後悔の念より、あなたが幸せに過ごすことを願っています。

      あなたの笑顔を求めていますよ。

      また何かございましたら、こちらからもご相談できます。
      https://lin.ee/mr2Nilc

  13. ぱーちゃん より:

    2日前に12年一緒だったミニピンのパーコが亡くなりました。
    前日から実家に一緒に帰省し、次の日は早朝から家族で出る用事がありました。実家にあるガゼボの中にゲージを置き、首には保冷剤を巻いて出かけました。風通しは比較的良く日陰の場所で、ガゼボにはエアコンもありますが、数時間で戻るのでつけませんでした。これまでにもその場所でお留守番をしたことがあります。亡くなった日以上に長い時間お留守番したこともあります。その際エアコンをつける日もつけない日もありました。
    その日は5時間して戻りましたが、一目見て息を引き取ってるのが分かりました。死後硬直も始まってましたが体は普段よりも暑かったので恐らくというか間違いなく熱中症です。
    ここ数ヶ月で視力が少し弱り耳も少し遠くなってきているなと感じてたので普段は屋内生活で私が仕事で家を空けてる間もエアコンや扇風機を入れていました。
    それが日陰とは言え久しぶりの屋外での留守番となるとエアコンはつけていくべきでした。
    友人にもたくさん話を聞いてもらい、エアコンをつけていたからと言って必ずしも大丈夫だった保証がないと言われてそれは分かっているのですが後悔しかありません。
    季節性のアレルギーで皮膚が弱く定期的に病院に通っており、亡くなる前日も通院の日で先生の検診では問題なしでした。当日の朝もいつも通りにご飯を食べていつも通り元気だったのに5時間で変わり果てた姿になってしまいました。
    Kさんのお話の中で、その時の最善を尽くしたとの言葉もありましたが、エアコンを付けなかったことは私の中で最善ではなかったです。自宅で当たり前のようにしていたことを環境が変わってしなかったことは最善とは言えなかったです。
    老いの始まりを感じ、この酷暑で講じる対策としては浅はかすぎました。
    一人暮らしで平日は朝から夜まで1人で待たせて、最期も一人で逝かせてしまい、最期の姿を見ると暑さで苦しんで横になってもまだ苦しんでそのまま息を引き取ったと思うと後悔と自責の念しかありません。Kさんのお話を読み納得し受け入れられるところもありましたが、寿命を知っていたとは言えこんな最期をパーコは望んでなかったと思えてならないです。
    パーコの姿を見て最初に出た言葉らごめんねでした。お別れの時にもありがとうよりもごめんねの方がたくさん言いました。
    朝までぴょんぴょん跳ねて元気だった子に突然寿命を迎えるなんて、ましてこんな最期を迎えさせてしまい申し訳なさしかありません。
    後悔よりも感謝の気持ちが大きくなる気がしません。
    あまりにも突然すぎて朝の姿から想像を絶する終わりなので、この死を到底受け入れられず、ムービーや写真を見返していてもこの子の全てを奪ってしまったと思うと、胸が苦しくなります。
    でも私のせいで本当に苦しんだのはパーコなので、そんな気持ちになるのはエゴなんだと思います。パーコは幸せだったと思ってくれてる自信もありませんし全ては私のエゴだけでしかありません。
    もう一度会いたい気持ちは凄くありますが許されなくていいから謝りたいです。ぱーちゃん苦しい思いさせてホントにごめんね。
    長々とすみません。

    • K より:

      ぱーちゃんさん、コメントありがとうございます。

      12年一緒だったミニチュアピンシャーのパーちゃん(女の子でしょうか?)が旅立ってしまったのですね。
      心からご冥福をお祈りいたします。

      屋外のお留守番で熱中症になってしまい息を引き取ったとのこと。

      確かにパーちゃんは苦しんでしまったかもしれません。
      でもそのようなお留守番をさせてしまったあなたもお辛いでしょう。

      それまで何度か同じ状況で大丈夫だったから、今回も問題ないと判断するのは自然のことです。

      やはり不慮の事故だったと思います。

      あなたが責任を感じてパーちゃんに謝っているのは十分伝わっていますよ。

      あなたのことを許さない、恨むなんてことはありません。

      パーちゃんは「こんな形で逝ってしまいごめんね。もっと一緒に居たかったよ」と思っています。

      あなたが後悔しているのと同じようにパーちゃんも後悔があります。

      お互いに穏やかな心になれるように、いつかは後悔から感謝の気持ちになればいいですね。

      ただ一つ言えるのは、
      もうパーちゃんは苦しんでいないということ。
      向こうの世界で元気な身体に戻って暮らしています。

      パーちゃんの存在が消えることはありません。

      あなたがパーちゃんのことを考えていれば側にいるのと同じこと。
      これからでも遅くありません。
      寂しい思いをしないように、いつでも沢山話しかけてあげてくださいね。

      旅立った愛犬が願うのは飼い主の幸せだけです。

  14. ゆきち より:

    はじめまして
    10/10に愛犬クロを亡くしました、ゆきちです。死因は心不全でした。13歳10ヶ月の老犬で、犬の寿命としては普通だと思っています。わたしが10歳から23歳までずっと一緒に過ごし、最後の2年間くらいはコロナの影響もありリモートが多かったので、べったり一緒に過ごしていました。
    食欲もあり、時々走ったりするような元気な子だったのに、亡くなる2日あたり前からしんどうそうにし、前日にはすごい量の嘔吐と鳴き声を出し始めたので、次の日の9時に病院へ行き一通り検査をするために12頃にまた戻ってくることになりました。しかし、11時30頃に病院から電話があり、くろは心不全で今日もつかもたないかと知らされすぐにまた病院へ行ったのですが、その時にはもう意識がある状態ではなく、呼吸がしんどそうで、もがいている状態でした。そこで先生に安楽死か鎮静剤を打って家に連れて帰るか、病院でもう少し治療をするのか選択を迫られ、わたしと母はもう少し病院に預けて治療をしてもらうことにしました。そのあと、また家に戻ったのですが、また電話が来て、危篤状態だからすぐに来てくださいと言われできるだけ急いだのですが、駆けつけた時にはもう死んでしまっていました。
    最後看取れなかったこと、意識が無くなる時にも一緒にいれなかったことや病院に入る前に車からだすときに妙に嫌そうにしてたり、診察室に入る前に立ちすくんでいたり、最初に病院に預けて帰る時に「行かないで」と言って鳴いていたあの声が脳裏から離れなくて、、
    わたしはなんで置いて行ってしまったのだろう。寂しがり屋のくろだから置いて行かれたって悲しい気持ちで死んだに違いありません。それがつらくてつらくて、どうすればいいかわかりません。家が大好きな子だったから死ぬ時も家で死なせてあげたかった。

    最後に寂しい思いをさせて本当に本当にごめんなさい。くろが居なくなった人生はほんとにまっくらで寂しくて、これからの人生を生きていける自信がないよ..
    大好きだよ

    今の自分の気持ちです。全てぶつけてしまってすみません。

    • K より:

      ゆきちさん、コメントありがとうございます。

      愛犬のクロちゃん(男の子でしょうか?)が13歳10ヶ月で旅立っていったのですね。
      心よりご冥福をお祈りいたします。

      最期は安楽死を含めた難しい選択を迫られて本当に大変だったと思います。

      そして意識が無くなる時に一緒に居れなかったこと、看取ることができなかったこと、
      お家が大好きだったクロちゃんを病院で死なせてしまったこと…

      愛犬を喪った悲しみに加えて、様々な後悔で苦しまれているのではないでしょうか。

      最期に寂しい思いをさせてしまったというゆきちさんのお気持ちが痛いほど伝わってきます。

      ですが、
      あなたが10歳のころからずっと大切に育ててもらい、最後の2年間はずっと一緒に過ごせて、クロちゃんは幸せでしたよ。

      あなたやご家族に看取られながら旅立つこともできたけど、クロちゃんはそうしなかったのですね。

      寂しがり屋なのに、あなた方に辛い思いをさせまいとして…

      病院に預けて帰る時に鳴いていたのは、ゆきちさん達に最後のお別れを言っていたのかもしれません。

      ゆきちさんやご家族を本当に愛していたのですね。

      クロちゃんの魂は永遠に消えることはありません。
      姿を見ることはできなくても今まで通り、沢山話しかけてあげてくださいね。

      旅立った愛犬が望むのは飼い主の幸せだけです。

  15. SN より:

    6/8にコメントしましたSNです。
    お久しぶりです。
    愛犬がなくなって5ヶ月経ち心境が変化しました。
    自分や家族を責めていた日々続いておりましたが、ある時からあの子の笑顔や一緒に暮らしてきた日々を思い返すとうちに来てくれてありがとう、一緒に生きてくれてありがとうという気持ちに変わっていきました。
    いつまでも悲しんでいるとあの子も心配してしまいますしね。

    今でも寂しくないとは言えませんが、わたしが向こうに行った時にまた会えると信じて毎日を過ごしています。

    先日新しい家族を迎えました。
    あの子とは全然違う子ですが、この子と家族になっていきたいと思います。
    ようやく一歩踏み出せそうです。

    お話を聞いてくださりありがとうございました。
    心から感謝しております。

    • K より:

      SNさん、コメントありがとうございます。

      5ヶ月が経って心境が変化したのですね。

      自分や家族を責めていた気持ちが、一緒に生きてくれてありがとうという気持ちに変わってきたとのこと。

      新たな子を迎え入れることができて良かったです。

      天国の子も、今目の前にいる子も、あなたにとって最高の我が子です。

      幸せな日々が送れますように。

  16. ちー より:

    うめきち
    18年前犬を飼うつもりなど全くなかったのに
    付き合いでことわりきれず飼うことになった

    飼い方も育て方も躾方もわからず
    四苦八苦、うめきちは吠えるためドッグカフェにもペットホテルにも断られることもあるほどでした
    猫の方が好きでねこばかりかわいがって 仕方なく飼い続けていた
    という感じでした
    晩年犬特有の臭いがきつくなり
    あまり抱くこともしなくなってしまい
    その最後となる晩も
    死ぬかもしれないと思いながらも翌日仕事もあるため
    いつまでも起きていられない
    と耳栓をして私は寝たのです
    案の定翌朝ひとりで亡くなっていました
    亡くしてから
    なんで最後まで看取ってあげなかったのか
    可哀想で申し訳なくて
    後悔しかできません
    あれほど一生懸命生きる姿をみせてくれてた
    うめきち
    どんなに冷たくされても
    私の事が大好きと伝えてくれたうめきち
    もっともっとやさしくしてあげたかった
    18年の年月いつもそばにいたのに
    ありがとうを伝えたくてももういない
    悲しくて辛い気持ちで毎日過ごしています
    天国で会ったら
    たくさん抱き締めてあげたい

  17. ちー より:

    初めまして。愛する犬を亡くして3年目の冬が来ようとしています。ヨークシャーテリアのメスで、ツンデレで人見知り。内弁慶な可愛い犬でした。
    私が15歳の時にやってきて、可愛がっていた文鳥を亡くし悲しんでいた気持ちを癒やしてくれた仔。ブルブル震えてペットショップにいた姿が、何故か可憐に見えて可愛いく思い飼いたいと望んだ愛しい仔でした。
    なかなか懐かず、どうしたものかと思いながらずっと彼女から来てくれる日を待って、愛情を注ぎ続けて。飼いだして、半年後の冬に初めてコタツに入る私の膝の上に乗ってきて甘えてくれました。可愛いくて仕方なかった。
    精神的に荒れた学生時代。イライラと泣いてばかりの荒れた私を彼女はどう見ていたのでしょう。笑った姿をあまり見せてあげられなかった。それでも彼女はいつも私の側にいた。撫でさせてくれたし、甘えてくれたし、時には私の寝顔さえずっと優しい眼差しで見てくれていた。
    社会人になり仕事や私事であまりかまえなくなり、十分遊べなくなった。私が勝手過ぎたのです。いつも側にいてくれて、いつまでも一緒にいられると思って、あの仔の愛情の前にあぐらをかいて。側にいてくれることを当たり前のように思って・・!
    その内私は結婚し、子供が産まれました。あの仔はシニア犬になり横になる時間が増えた。認知症状が出始め噛み付く怖さがあった。だから私は子どもに近づかせないよいにしたり、近づかないでと酷いことをあの仔に言った・・っ。あの仔は純粋に私が産んだ子に優しくしたかっただけかもしれなかったのに。今でも消せない後悔と懺悔。実際あの仔は子どもに近づいてもただ黙って、いつも私の側にいた時と変わらず優しく見守ってくれていただけだった。
    あの仔が亡くなる1.2週間前、認知症状がすすみ触らせてくれないような日もあったのに。あの仔は。あの優しい彼女は、飼い出し始めたあの頃のように、こたつに入る私の膝の上にヨロヨロと乗ってきた。サヨナラ。最期を知っているかのように彼女は私に撫でられることを望んだ。私はずっと彼女の痩せて背骨が触れる背中を撫で続けた。
    愛していた。確かに愛していました。あの仔が亡くなったと電話で聞いたあとずっと泣き続けた。もっと愛してあげれば良かった。もっと触って遊んでかまってあげたら良かった。亡くなってから彼女の大事さや愛しさが募り、今でもヨークシャーを見たりすると悲しく涙が出ます。ごめんね。愛してたよ。もう一度会いたい、抱きしめたいと願うのです。骸を抱きしめられなかったことも彼女に謝りたい。夢でも良いから彼女に会いたい。ツンデレで内弁慶だけれど、誰より優しくただ黙ってずっと側にいてくれていた彼女に会いたいと今なお思います。3年目の冬はやはり・・寒いままです。

  18. ターちゃんのお母さん より:

    一昨日愛犬が亡くなりました。
    18才になったばかりでした。
    私は5月に転んで膝を痛め、未だに調子が悪く、9月頃から右肩の五十肩も悪化して何もしていなくて痛む日もあり、夏頃から週末は注射やリハビリのため通院していました。
    月曜から金曜まではフルタイムで働いていて、主人と愛犬と三人家族。主人はドライバーで夜間勤務、私は朝6時半にはバスに乗るので、主人とすれ違いです。自身の体が思うように動かず、職場でも中間管理職の重圧もあり、イライラするし、普通にできていた事ができなかったり時間がかかったりで、愛犬にあまりかまってあげられなくなっていました。
    愛犬はミニチュアシュナウザーのメスでタービーといいます。彼女は賢くて美人さんでしたが老いてヨボヨボになってからはオムツをしていても歩き回ってオムツが脱げて部屋中に粗相をしていることもあり、19時頃帰宅して先ずそれを片付けるところから始めなければならず、疲弊していました。彼女はなぜか家具の隙間などの狭いところに入って出てこれなくなり、鳴いて助けを呼びます。引きずり出しても、またそこに向かって進んで行きます。肩を痛めてからは腕が伸ばせないので足を使っていたのですがかわいそうなことをしました。
    月曜にトリミングに行き、帰ってきてからは疲れたのかずっと寝てばかり。起きた時に呼吸が荒い気がしたのですが、たまにそういう時もあり暫くすると落ち着くので様子をみようと思いました。火曜の朝は起きてる時よりは呼吸は落ち着いているような気がしました。月曜も火曜も主人が休みだったので調子が悪ければ病院に連れて行くだろうと思っていましたが、行ってなかったので良くなったかなと思いました。
    しかし、水曜に帰宅したらやはり呼吸が荒く辛そうでした。自ら水を飲みに行かないので起きたタイミングや帰ってきて薬を飲ませる時など頃合いをみて水を飲ませていました。薬も嫌がりうまく飲めず水もあまり飲まず水でふやかしたエサもあまり食べず、だんだん弱っているようでしたが、利き手が思うように動かせないので運転も出来ないので、翌朝家を出て主人に連絡して病院に連れて行くよう言いました。しかし、以前は木曜の午前中は診療していた病院が木曜は休みになっており、無理だと言われたのでダメもとで電話するようメールを送りました。しかし、行っていなかったようです。
    私が帰宅しても暫く起きず、起こしてオムツを見たけどオシッコもしてなかったので、薬と水を飲ませましたが、薬は殆どこぼしてました。
    エサもあまり食べないので、寝かせました。
    暫く家事や仕事をしていると呼吸がきつそうだったので、だっこしてソファーに連れて行き一緒に横になりました。暫くして彼女もその時はきつそうで私も腕が痛いので彼女をもとの毛布の上に寝かせ、私もソファーで寝ようと電気を消して少ししたら、いつも吠えないのに、3回ワンと吠えたので、近所迷惑になっては行けないのでまた抱えてソファーに連れて行き寝かせました。するとだんだん呼吸が乱れて舌まで出してハアハアと辛そうで、名前を呼びながら背中をさすり続けました。途中、大きく仰け反りガクッとなったので鼻に息を吹きかけ、背中を叩いて呼びかけ背中をさすり続けました。すると今度はスウハアいうような口の動きになり手足も引きつってピーンと伸びたりを繰り返し、またガクッとなったので再度鼻に息をを吹きかけ、名前を呼びながら背中を叩いて更にさすり続けました。するとまた小さくではあるけどスウハアスウハア息をしだしました。しかしまた小さくフウッと息を吐いて動かなくなったのでまた同じことを繰り返しました。するとまた息をしだしたのですが、その後は続きませんでした。12月3日の午前1時20分くらいでした。
    呼びかける時には、楽にしてあげたいと思いながらも「お母さんを置いていかないで」と言ってしまいましたが、息を引き取ってからは「よく頑張ったね。苦しませてしまってごめんね」と言って顔を拭いてあげてソファーから見えるところにキレイな毛布を敷いて寝せました。
    すぐに上司に休む旨メールし、まず何をすべきか調べ準備をし、霊園に連絡しました。
    意外なほど冷静で涙も出なかったのに、主人が帰ってきて話をしたら主人も愕然としてショックを受けてました。だんだん、涙が込み上げてきて堪えきれず泣いてました。そして、主人を責めずにはいられませんでした。自分も同罪なのに最低な人間です。火曜の夕方、仕事帰りに夕飯の買い物などせず、帰ってすぐに病院に連れて行っていれば助かったかもしないのに、何で動かなかったのか、今までの自分だったらすぐに動いていただろうに、何でだろうと後悔しかありません。私はそんなことも判断できなくなってしまったのか、頭がおかしいんじゃないかとさえ思います。ターちゃんより大事なものなんてないはずなのに。寝ようと思っても、苦しんでいたあの姿が頭を離れません。暗くすると怖くて、胸も苦しく、息も苦しく、何かの音が彼女の呼吸のように聞こえるし。彼女を飼う前にペットロスで苦しんだので初めてではないのに、どうしていいかわからないのです。
    彼女を見殺しにしてしまった罰ですね。
    彼女の方が私より苦しかったのですから。

  19. 馬鹿な自分に より:

    昨日、パグの小春が永眠しました、余り可愛がらず後悔しています、居なくなり後悔と悲しさがこみ上げ誤りたいのと、もう一度会いたいのとそればかりです、違う飼い主に買われた方が幸せになれたんかなとかもすべて、小春が居た場所見、ると寂しさと涙がこみ上げ無気力になります、今更悲しんでも帰ってこないのも分かってるんですが自分勝手で申し訳無いと、代わりに居なくなれるなら代わりたいと

    • K より:

      はじめまして、コメントありがとうございます。

      パグの小春ちゃん(女の子でしょうか?)が旅立っていったのですね。
      心よりご冥福をお祈りいたします。

      小春ちゃんをあまり可愛がらなかったことを後悔しているとのこと。

      目の前から居なくなって後悔と悲しさ、寂しさ、もう一度会いたい…という気持ちに押しつぶされて
      いらっしゃるのですね。

      でもあなたは本当に可愛がらなかったのでしょうか?

      愛犬に対する想いがないなら、それほどまでに悲しんだり、つらくなったりしないはずです。
      自分がお考えになっているよりも、小春ちゃんは可愛がって貰えたと感謝しています。

      代わりになれるものなら…というお気持ちはよく理解できます。
      今はそう思ってしまっても仕方ないですね。

      しかし小春ちゃんの存在が消えてしまったわけではないのです。
      これからも大切にすることはできますよ。

      遅すぎることはないのです。

      旅立った愛犬が願うのは飼い主の幸せだけです。

      あなたも小春ちゃんが穏やかに過ごせるように願ってあげてくださいね

  20. 馬鹿な自分 より:

    ありがとうございます、少し気が楽になりました、動画とか写真見てると思い出して、もう生き物わ飼いません最後が辛すぎるので、来週火葬なので最後に会いに行き誤ってきます、ずっと好きだったと

  21. なないろ より:

    初めまして。
    先日愛犬が亡くなりました。
    11歳と8ヶ月でした。

    最初は一昨年顎の所の異変に気付きかかりつけの病院に行き歯槽膿漏で顎の骨が溶けてると言われました。
    7.8ヶ月前に麻酔をして歯石取りしたばかりでした。
    その時手術等しない方が良いと言われ炎症止めだけ貰って経過観察となりました。
    何ヶ月か達顎が少しズレてた為その旨伝えたら骨折してました。
    その時も手術はしない方が良いといつもと同じお薬を出されました…
    その時に他の病院に変えてたらもっと長生き出来たかもしれません…

    そこから2ヶ月たち急にありえない角度に顎がズレてしまいその時に他の病院に連れて行く事にしました。

    顎はほぼ溶けてしまい下顎は膿で固まってました…
    即入院し、検査結果…扁平上皮癌になってました…

    先生の言葉信用しきってしまい次に進まなかった私の責任です…

    そこから治療が始まり少しずつ癌も小さくなっていきました。
    順調にいってたと思ってたんですが昨年末急に体調が悪くなりご飯を受け付けなくなったので病院に駆け込んだら胆嚢炎になってました。

    退院後ご飯を食べれるようになったんですがそれも一時で散歩も行かなくなりご飯も食べなくなりました。
    病院に行き体調戻ってもまた悪くなるを繰り返して…

    電車乗るのも、病院も、大嫌いな子だったのでこれ以上辛い思いをさせてまで延命治療するのは私のエゴじゃないかと考え治療続けるのはやめました。

    それから何日かしてご飯も食べたし徐々に元気になってたから今日は大丈夫だろうと思い朝から出かけました。
    帰ったら息を引き取ってました。

    最後にうんちをしにいってその時に血も出てて恐らく倒れて立てなくなりそのまま……って感じだと思います…

    早く病院を変えておけば……自分で決断したのにもっと治療してあげとけば……出かけなければ1人で旅立たせる事はなかった……きつかったかな……寂しかったよね……って考えるとゴメンねって気持ちしか出てきません……

    楽しかった事、幸せだった事沢山あるのに後悔とゴメンて気持ちに支配されてしまってます……

    いつか笑顔でありがとうが言える日が来るのでしょうか……

    長文失礼しました…

    • K より:

      なないろさん、コメントありがとうございます。

      愛犬が11歳と8ヶ月で旅立ってしまったのですね。
      心よりご冥福をお祈りいたします。
      愛犬のお名前、男の子でしょうか、女の子でしょうか。

      さて、なないろさん、
      一昨年から愛犬の病気や治療のことで気苦労が絶えなかったでしょう。
      本当にお疲れさまでした。

      異変に気付いてくれて、
      他の病院にも連れていって貰えて、愛犬はあなたに感謝していますよ。

      電車乗るのも、病院も、大嫌いな子に辛い思いをさせないように治療を続けるのをやめたのですね。
      本当に苦渋の決断だったと思います。
      でも愛犬はちゃんとわかってくれています。
      「自分のことを第一に考えてくれてありがとう」

      もう最期が近いことを察していたのですね。

      だからあなたを安心させたかった。
      ご飯も食べてくれて、元気な様子も見せてくれたのですね。

      そして旅立つ時もあなたを悲しませないために一人でひっそりと逝ったのでしょう。
      それ以外考えられません。

      病気で辛い思いをしたかもしれませんが、
      あなたの愛犬は精一杯天寿を全うしました。

      大好きなあなたと一分一秒でも長く一緒に過ごすために一生懸命生きたのです。

      あなたが深い愛情を注いだからこそ、愛犬もあなたに沢山の幸せと愛を与えてくれたのだと思います。

      後悔と申し訳ない気持ちに苛まれるのは無理もありませんし、悪いことでもありません。
      ですが愛犬もまた「もっと一緒に居たかった」という後悔を持っています。

      安心させてあげるためにも、今まで通り沢山話しかけてあげてくださいね。

      これで愛犬の存在が消えてしまった訳ではありません。
      永遠になくなることはないのです。

      • なないろ より:

        ありがとうございます。
        うちには2匹いました。
        1匹も昨年17歳と半年で亡くなりました。
        その時もずっとそばにいたのに一瞬…本当に一瞬寝てしまいました。
        その一瞬に息を引き取りその時を見届けれませんでした。
        昔飼ってた子もです。
        一度も見届けた事がありません。

        何で…って思ってましたがきっと目の当たりにしたら耐えられないだろうな…と感じたんでしょうね…

        我が子達の優しさだったんですね…

        今日少しだけ楽しかった事思い出して心が暖かくなりました。
        これからも私の心の中で生き続けていてくれると信じてゆっくり前を向いて行こうと思います。

        ありがとうございました。

        • K より:

          そのようなことがあったのですか。
          本当に優しい子達ですね。

          あなたと愛犬たちの深い絆が感じられました。
          こちらこそありがとうございました。

  22. はる より:

    初めまして。私は高校2年生です。うちには10年飼っていたトイプードルがいました。ですが、3年前のクリスマスの日に交通事故でお空に行ってしまいました。

    その日は単身赴任の父親が帰ってくる日で、私も母もバタバタして掃除や準備をしていました。そんな中、愛犬が一瞬玄関のドアが開いた瞬間に外に出てしまいました。

    愛犬はよく脱走していました。車通りも少ない場所で、その都度すぐに帰ってきていたので、私も母も「ちょっとくらい平気だろう」と軽視してしまっていました。

    その日も「すぐに帰ってくるだろう」と思っていました。でもなかなか帰って来ず、母が道路を見に行くと動かなくなった愛犬を抱えて帰って来ました。道路に横たわっていたそうです。車にはねられ頭を強く打っていたようで、即死でした。

    なんであの時すぐに探しに行かなかったのだろう。クリスマスの夜で車通りも多くなっていました。今まで脱走しても無事に帰ってきていたのは当たり前じゃなくて奇跡でした。それを私たち家族は気付かなかった。本当に馬鹿でした。

    もっと遊んであげればよかった。怒ってばかりで愛情表現をしてあげなかった。愛犬の存在が当たり前じゃないことにもっと早く気づけばよかった。いなくなって初めて大切さを知りました。遅すぎました。

    痛かっただろうな。最期の時、たったのひとりで寂しかっただろうな。と考えると3年経った今でも自責の念で涙が止まりません。

    現在うちには新しい犬がいます。亡くなった愛犬のことを通して、せめてもの償いとして、その子に出来なかった分、心から愛情を注いで育てています。

    ですが、たまに愛犬は私たちのこと恨んでいるかなと考えてしまいます。私たちばかり幸せになるのは嫌かなと考えてしまいます。どう思っているのでしょうか。

    長文失礼致しました。

    • K より:

      はるさん、コメントありがとうございます。

      3年前に10年飼っていたトイプードルを事故で亡くしてしまったのですね。
      何というお名前ですか?

      心よりご冥福をお祈りいたします。

      お父さんが帰ってくる日、
      しかもクリスマスの夜に、
      そのような事故が起きてしまったこと、
      本当に痛ましいです。

      愛犬も辛かったと思いますが、
      はるさんや、ご家族のお気持ちを考えると胸が張り裂けそうになります。

      愛犬もまさか事故に遭うなんて思っていませんでした。
      犬も人間も天から与えられた寿命とは別に、
      命を落とすかもしれない出来事に2~3回遭遇します。

      あなたのトイプードルちゃん(お名前がわからないので)は不運にも、そのうちの1回にあたってしまったのです。

      本当に運の悪い状況が重なった事故です。

      愛犬は
      「もっと一緒に居たかった、こんな形でお別れになってごめんね」
      と思っています。

      そしてあなた達を恨んだりはしていません。

      トイプードルちゃんは天に召され、向こうの世界で穏やかに暮らしています。
      あなたの仰る通り、事故の時は痛かったですが、
      向こうの世界ではすべての痛みや苦しみから解放され、元気な状態に戻り、穏やかに暮らせております。

      はるさんはもう自分を責めて苦しまなくてもいいのです。

      トイプードルちゃんはあなたに命の尊さ、かけがえのない存在の大切さ、別れの辛さなど
      いろんなことを教えてくれたのですね。

      でもはるさんも沢山愛情を注いであげていたはずです。

      姿は見えなくなってしまったかもしれませんが、トイプードルちゃんの魂は永遠に消えることはありません。

      いつでもあなた方を見守ってくれているので、毎日話しかけてあげてくださいね。

      トイプードルちゃんは新しい愛犬とはるさん達が幸せに暮らすことを望んでいますよ。

  23. maple より:

    2019年4月7日に愛犬メープルとのお別れがありました。

    家族で初めて飼ったプードルに生ませた子です。
    私がへその緒を切り、離乳食を与え、本当に愛しい子で、家の中ではいつも一緒でした。
    幸せな時間を過ごして来ました。

    そんな中メープルが6歳の時に、私は離婚をしました。
    精神的なダメージで体調を崩しましたが、10歳頃から仕事に出ることになり、働いたこともなく、いっぱいいっぱいで、いろんな意味で環境がガラリと変わりました。

    夕方からの仕事で、本来なら遅くても23:00に帰る予定が、飲食店で忙しく片付けなどで、帰宅したのが、1:30でした。
    小さい時から、お留守番はサークルと決めていたので、慌てて帰宅してみたら、サークルの中が嘔吐したらしく、ドロドロになってました。

    ごめんねと思いながら、まずは片付けて、足を洗って、ご飯をあげました。
    さすがに食欲もなく元気がありませんでした。

    どうしよう?
    時計を見たら2:30でした。
    家を出るまで元気で、持病もなかったので、自分もクタクタなのもあって、朝イチで病院に連れて行こうと思い、なぜか寝てしまいました。

    生まれてから、ずっと一緒に寝てましたが、この日は水を飲んでは、吐いていたので、サークルに入れました。

    翌朝、聞いたことの無い音で、目が覚めました。
    サークルを見たら痙攣をおこしてるメープルが、目に入り、飛び起き、病院に車で走りました。

    病院に着くまで、パニック状態で泣き叫びながら、メープルごめんね、まだ逝かないでと言いながら、運転をしました。
    病院の駐車場に、着いた瞬間、ふっと力が抜けたのが分かりました。
    診察台に乗せてくださいと言われ、聴診器で心音を確かめましたが、亡くなってますと言われました。

    この日から、メープルを死なせた自分が許せなくて、あんなにも愛しいと思った子を、なんであんなことをしたのか。
    あの時、すぐに救急に走ったら、助かった命なのに。

    メープルにちゃんとお別れもしてない、何もしてあげてない、諦めてお空に旅立ったと思うと、今も悲しみで、胸が張り裂けそうです。

    3年近く経ち、当初よりは、少しは受け入れることが、出来た気もしますが、時折悲しみが押し寄せ、今日も泣きながら、こちらを見つけ、書かせて貰ってます。

    大好きなメープルに、もう一度会いたい。

    • K より:

      mapleさん、コメントありがとうございます。

      2019年4月7日にメープルちゃんが旅立ってしまったのですね。
      心よりご冥福をお祈りいたします。

      へその緒を切って、離乳食を食べさせ、
      まさに産まれた時から大切に育ててきた子を喪って、本当にお辛いことでしょう。

      愛する者を喪えば、心にぽっかり穴が空いて、それを引き裂かれるような苦しみがあります。

      3年という月日が経ってもその傷はなかなか癒えるものではありませんね。

      それだけメープルちゃんとの絆が深かった証ともいえます。

      2人の絆が深ければ深いほど、傷も大きく深くなります。

      悲しみは波のようにやってきて、
      少しおさまったかと思えば、
      突然激しい喪失感が襲ってきたり…

      悲しいときは感情に逆らわず、いっぱい泣いてくださいね。

      ストレスで体調を崩したり、ガラッと変わった環境の中、毎日大変だっと思いますが、
      mapleさんは愛犬に沢山の愛情を注いで、最期まで出来ることをしてあげました。

      決してあなたが死なせたわけではありません。

      もう自分を責めなくてもいいのです。

      メープルちゃんもそれを望んでいません。

      あなたが最期まで手を尽くしてくれたこと、旅立つ時も一緒に居てくれたことに感謝していますよ。
      勿論もっと一緒に居たい気持ちはあっても、天から与えられた寿命は決まっています。
      その命を精一杯生き抜いたのです。

      mapleさんの元にやってきて、
      沢山の愛をもらえて本当に幸せだったと思っています。

      あなたの仰る通り、メープルちゃんは空に旅立ちましたが、存在が消えて無くなった訳ではありません。

      魂はずっと生きていて、いつでも見守ってくれています。
      今でもあなたの愛しい子ですので、毎日たくさん話しかけてあげてくださいね。

  24. ショウマ より:

    5月17日に愛犬のぱんを見送りました。まだ8歳だったんです。元々持病で呼吸が少し荒いこともあったのですが、5月2日ほどから呼吸が少し荒くなり、酸素室を購入して様子を見ていました。今思えばこれが全ての間違いだったのですが、5月8日辺りから急激に呼吸が荒くなり、肩で息をするようになりました。病院に連れて行こうにも酸素室から出すことも出来ず、車に乗せることも困難でした。病院にも連れて行く方法などを確認してもハッキリとした回答はなく、色々調べてようやく酸素濃縮機を動かすバッテリーを見つけ購入し、届いたのが5月17日でした。これで病院に連れて行けると思ったとき、急に亡くなってしまいました。後悔しかありません。酸素室に入れている安心感があったこと、食事もしてくれていたこと、睡眠を取ってくれていたこと。色々な油断がありました。
    最初に体調が悪くなったとき、ゴールデンウィークが重なっていて病院に連れて行けなかったこと。5月9日からもっと早く判断していれば、まだ隣に居てくれてた筈なのに。自分への怒りが止まりません。同じ苦しみを味あわせたいです。ごめんね、ぱんちゃん。不甲斐ない飼い主で。ありがとう、頑張ってくれて。もっと一緒に居たかった。幸せだったよ。

    • K より:

      ショウマさん、コメントありがとうございます。
      愛犬のぱんちゃんが8歳で天国に旅立っていったのですね。
      心よりご冥福をお祈りいたします。

      あなたがぱんちゃんの為に出来る限りの手を尽くしてくれたことを本当に感謝しています。
      あなたに間違いはありません、不甲斐ない飼い主ということは決してありませんよ。
      持病があったので色んな苦労や困難があったはずです。
      それでも大切に育ててくれて、可愛がってくれたあなに感謝しかないのです。

      自分に怒りを向けたり、苦しみを与えたいなどと思わないでくださいね。
      愛犬もそのようなことは望んでいません。

      8歳は短すぎるとお思いでしょうが、それはこの世界でのこと。
      愛犬の魂は永遠に生きています。

      再会の時まで、あなたの幸せを願いながらずっと見守っていてくれますよ。

ちゃんこのママ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。